ピラミス

◇ピラミスってぃか
RGB 003

今年のGMにも韓国のメーカーがブースをだしており、そこで見かけたゲームが「ピラミス」です
運良く後日遊ぶことができました
RGB 014

ゲームの目的はいたってシンプルです
手番でピースを配置していき、ポイントを稼いでいくことです
6ラウンド終了時に一番ポイントを獲得すれば勝ち

ラウンドは
・ピースドローと
・ピース配置

の、2フェイズに分かれてます

最初は、ボードに配置するためのピラミッドの資材ピースを袋からドローしてくるフェイズです

ラウンドの最初に各プレイヤーには上限カードが配られます
そこには赤いピースが何個や、青と緑のピースを合わせて何個などの情報が書かれてますが、その数字の個数まで、それらの色のピースをドローできます
RGB 002
*ピースは4色ある

毎回、ラウンドの最初に上限カードを受け取り、その範囲内でピースをドローできる
この場合はが2個、が合わせて3個までという上限
いま■■とドローしたけど、を組み合わせて3個ドローしたのでこれ以上ドローするとバーストする危険がある
次にドローしてくるのが、もしくは□(ワイルド)ならセーフなのだが・・・

といっても
袋からランダムドローなので、その上限をオーバーしてしまうこともあります
そうなれば失敗(バースト)となり、手番が消滅します!

それらのピースでピラミッドを建設することでポイントを稼ぐわけですから最初のドローフェイズでバーストしたらそのラウンドは得点の機会がありません

ピースが多ければそれだけ得点のチャンスがあるので、なるべく多めにドローしたいのですがバーストも怖い

度胸だめしです
RGB 001
*自分以外はバーストしろ!w

ちなみに□白ピースはワイルドです
ドローのときに好きな色として調整できるし、建設するときもまた別の都合のいい色として使うことができます

チョー便利なワイルドですが、たった4個しかありません

バーストの手前でドローを止めたら、それらのピースは確保します
全プレイヤーが(スタPから時計回りに)ドローフェイズを実行したら、次に確保したピースで建設フェイズとなります
RGB 009
*バーストしたらもともこもないので、ここで止めてもいい
その横の得点サマリーによれば、4個までドローしたので4点獲得
あと1個ドローしてセーフなら、5個で7点
さらに6個ドローしてセーフなら11点。7個までバーストしなければ16点獲得する
あからさまに射幸心を煽ってるw

ピラミッドの土台ボードはくさび状の窪みがあり、ピースをはすかいに置きます
こうすると、4個でミニピラミッドが成立します

このミニピラミッドを作ったとき、何色で作ったかで得点が決まります
単色だと7点で、使う色が多いほど得点は低くなります
RGB 004
*ピース3個で土台ができて、そこに1個を乗せるとミニピラミッドができる
そのとき色が少ないほど点数は高い

なるべく単色ピラミッドを作るために(高得点建設)1色のピースを保持しておきたいところですが、実はそのラウンドでドローしたピースは使い切らないといけません
マストプレースメントです

なので、ミニピラミッドを完成させずに手番を終えることが多くなるわけですが、ヘタに中途半端だと下家(左隣)プレイヤーが美味しい思いをすることは必至です

ドローしたピースは公開情報なので、誰がどの色でなにをしたいのかが一目瞭然ですから
余分のピースの置きどころも、なかなかの悩みどころなのです

全員、建設フェイズが終了したらスタートプレイヤーが時計回りに移動してラウンドを繰り返していきます
RGB 005
*単色だけでミニピラミッドを作るのは難しい
というか、作らせてくれない
□(ワイルド)はどの色として使ってもいいけど、ヘタに残すとそれを利用される



これはなかなか面白い!

たしかにドローフェイズでバーストしてしまうとかなり痛いのは確かです

が、
場が盛り上がるのも確かです
得点で遅れを取っている人ほど無理しなければならないのは、バーストゲームの常です

2番手が追い上げてきたら、トップだってうかうかしてられないんですから
RGB 006
*出遅れるとどこかで無理をしてバーストしてしまう
しかし追いつくにはどこかで無理をしないといけない


いっぽう
建設フェイズはパズル的です
一番得点を取れる場所を探すのはもちろんですが、他人が得するような置き方もしたくない、っていうw

全員がピースをドローしてから建設するので、長考してしまう余地がなくもありません
ですから、ドローしたらすぐにそのプレイヤーの手番で建設してしまうというバリアントもありそうです

ピラミッド建設とはいえ、最後に大きなピラミッドがドーンと完成するわけではありません
あくまでミニピラミッドをちまちま作って、ちまちま(ときにはドーンと)得点するだけなのであまり爽快感はありませんが
見栄えもして盛り上がりもあってこれで確か2500円くらい、というリーズナブルさはナイスです
RGB 010
*ラウンドが決まってるので、だいたいこのへんでゲームは終わる
決して、大きなピラミッドを完成させるわけではないのだった


いいゲームだと思います

ということで
スポンサーサイト
プロフィール

流星キック1998

Author:流星キック1998
チャンスがあればいつでもボードゲームがしたい!誰か遊んでプリーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
人気記事ランキングトラック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR