スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローマ革命

◇ローマは燃えているか
P1060552.jpg

シュテファン・フェルトといえば、振ったダイスをアクションに使うスタイルが特徴ですが、この2人用ゲームもそうです

ダイス目のディスクが①~⑥あり、その両端に〔コイン〕と〔カード〕のアクションディスクをプレイヤーの間に並べます
このエリアにカードを配置して、振ったダイス目に対応するカードアクションを実行していくわけですね

ゲームの最初にそれぞれ手札が4枚づつ配られて、先手プレイヤーからダイスディスクに伏せて配置していくのですが、その前に、手札から2枚を選んで相手に渡します
P1060391.jpg
*カードは大きく分けて人物と建物の2種類がある。序盤で使いやすい/使いにくいカードがあるけど、最初はよくわかってない。使えないカードはあとから上書きすればいいのだけれど・・・

最初はカードの効果などもまだ把握していないので、なにを残してなにを渡せばいいのかよく解ってませんが、相手も初プレイなら条件は同じです。さっさと渡しましょう

どちらも配置したら、カードをオープンします
ここで相手の陣営が解るわけですね

最初に勝利点を10点づつ持ってます
ゲームの目的は相手より勝利点をたくさん取ることです

ゲームの終了条件は2つあって
・どちらかの勝利点がなくなる、か
・ストックの勝利点が尽きる、か、です

つまり、相手の勝利点を削る速攻戦で勝つか、相手より勝利点を稼いで終わらせるじっくり戦でいくかの2通りの勝ち方があるわけです
P1060386.jpg
*配置場所が6ヶ所あるけど、最初は4枚しか配置できないので必ず2失点くらう

手番では以下の順番にフェイズを実行します

1・勝利点の損失(自動処理)
2・ダイスを振る(自動処理)
3・アクション


手番の最初に、自分エリアの空いているダイスディスクにつき1勝利点を失います
ゲームの最初は4枚しか配置していないので、必ず2失点するわけです(コインとカードのディスクは無関係)

毎ターン2失点づつする計算になるので、なにもしないでいると5ターンで負けます

勝利点の失点とダイスを振るフェイズは考えるところはナッシングなので、さっさと行動します
メインはフェイズ3のアクションです

アクションは大きく2つあります
・手札からカードを配置する
・ダイスを使ってアクションする
、です

自陣エリアに配置するには、手札を持ってなければなりませんが最初の4枚を配置した後は手札はありません
だからカードを配置したいのであれば〔カード〕ディスクに振ったダイスを置いて山札からカードを入手するしかないのです

このとき、ダイスの目だけ山札からドローできますが手札に残せるのは1枚だけです

さらに
手札を配置するにはコストがかかります
つまりお金を支払ってカードを配置するわけです(ゲームの最初の4枚だけは無料で配置できる)

さて、お金も最初は持ってませんので、やはりダイスを使って集金します
〔コイン〕ディスクに置いたダイス目だけお金を貰えます

だからなるべく大きい出目はここで使いたいところ
P1060392.jpg
*攻撃系のカード。これを配置するには9金かかる
できれば空き地を埋めたいところだけど、対面のカードしか攻撃できない場合もあるのでそうもいっていられらない

対応したダイスディスクにダイスを置くことで、その場所のカードアクションを実行できます

中には「捨て札から選んでカードを手札にする」「山札から選んでカードを手札にする」なんてのもあるので、こういったアクションでも手札を増やすことは可能です

なんといっても、ほっとくと毎ターン勝利点が減っていくので空き地は早めにカードで埋めていったほうがいいのです



これらの行動を手番中に好きな順番で、いくらでもできます

といってもダイスは3個しかないので、ダイスを使った行動は3回しかできませんが、同じ出目なら同じカードのアクションを複数回できますし、なんなら3個とも集金で使っても構いません

手札とお金さえあれば、カードを何枚でも配置できます(カードを置き換えてもよい)

最初の手番なら、例えば
1・ダイス1個をカード入手で使って
2・そのカードを配置するために2個めのダイスで集金し
3・カードを配置してから3個めのダイスでそのカードのアクションを実行する

という具合でしょうか

なんといっても配置カードはダイス目が一致してないと稼働しないので、スカることも多いのです
そういったときはお金かカードを得ることになりますが

もし振ったダイスが3個とも同じ目だったら、3個全部振りなおすことができます
強力なカードと同じ出目ならそのアクションを3連発で発射することもできますが、普通は降りなおしたほうができることの幅は広がります
P1060393.jpg
*カード効果を発動させるか、カードを配置するかお金を得るか、その順番は任意。ゾロ目なら同じ効果を連発できる

さて
この手のゲームでは、カードを把握してからが本番です

最初のプレイではまだカードの効果をどちらも把握してないままだったので、相手の勝利点を削る戦法で、速攻勝負になりました

カードの効果が分かってくると、最初の相手に2枚譲渡が悩ましくなってきます

まず『議会(フォーラム)』が非常に強いカードであることが解ります
『フォーラム』はダイスを2個必要としますが、2個めに使うダイスの出目と同額の勝利点を得る、という効果です(1個はもちろんこのカードの効果を発動するためのダイスです)

例えば『フォーラム』が③(ディスク)に配置されてるとしたら、ダイス③で稼働させて⑥の出目のダイスを使えば6勝利点が入るわけです

さらに『フォーラム』に隣接している『バジリカ』は追加で2勝利点を得ます
上の例でいえば、『フォーラム』+『バジリカ』で8勝利点を得るわけです

さらにさらに
『神殿』がフォーラムに隣接していると、3個目のダイスも勝利点になります

『神殿』+『フォーラム』+『バジリカ』で、理論上14勝利点をイッキにガメることができるわけです

これは極悪コンボでしょう

これに対抗するには、相手の『フォーラム』を破壊するしかありません
神殿やバジリカは、それ自体に単独効果はないからです

しかし『フォーラム』は防御力が[5]あります

これは戦闘用ダイスを振って、5か6が出ないと破壊できないことを表します
(最初に遊んだときはルールを間違って、同値=5では破壊できないと思っていたので余計にフォーラムが強すぎた、ということもあります)
P1060395.jpg
*『フォーラム』無双!
①の目で効果発動し、⑤の出目によって5勝利点を得る。さらにその隣に『バジリカ』があるので、その効果で追加で2勝利点。ダイスは3個しかないので『フォーラム』を2回発動させることはできないようになってる


戦闘によって相手のカードを破壊(除去)することも非常に有効です
なぜなら空き地を作ることで相手の失点を増やすことができるからです


戦闘の処理が若干間違ってたこともあり『フォーラム』無双を止められなかったのですが、ゲーム自体はとても面白かったので(実際、5回くらい続けてプレーしました)、バランスの悪さだけが残念だなーと思ってました

そこで「ローマ革命2:アリーナ」を入手することにしました
多分、カードバランスが調整されていると思ったからです
P1060554.jpg
*箱が若干大きくなってるけど、入っているものはたいして変わらない

というわけで、つづく
スポンサーサイト
プロフィール

流星キック1998

Author:流星キック1998
チャンスがあればいつでもボードゲームがしたい!誰か遊んでプリーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
人気記事ランキングトラック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。