スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リミット

◇おれの黄色がそんなにあるわけない
りみっと

最近はカードにテキストのあるゲームが花盛りですが、このゲーム「リミット」のカードの情報はだけです

数字もアイコンもありません
5色のカラーカードを使います

ラウンドの最初にリミットカードがオープンされており、どの色が何枚までなら捨てられるという上限の数字が書かれています
時計回りに手札からカラーカードを1枚づつ表向けて捨てていきますが、その色の上限(リミット)までならプレイ(捨て札)できるというゲームです

例えば〔緑3紫5青3黄0赤X〕というリミットカードだったら、緑のカラーカードは3枚まで、紫カードなら5枚まで捨てられるわけです

捨て山は重ねられて下のカードは見られないようになってます

そして自分の手番のときに、いずれかの色のリミットがオーバーしていると思えばチャレンジ!を宣言できるのです

「緑はもう4枚以上出たでしょう。チャレンジ!」

誰かがチャレンジしたらプレイは終了して、捨て山を確認します
そしてもしそこに緑カードが4枚以上(リミット以上)あれば、チャレンジ成功です
最後に緑をプレイしたプレイヤーはペナルティとなります
ソロ② 024
*本当にカードは色だけというシンプルなもの
今、青カードが捨てられたところ。その横がリミットカードで青の上限は3だと見える
だからまだチャレンジしようがない

その横の-2は、ペナルティのカード。別にチップでもいいんですが
その奥にあるのはラムネの山
チャレンジに成功したら1個もらえる(ウソ。誰でもいつでも食べてよい)


これだけならしっかりカウンティングしていれば、上限を超えればすぐわかるし上限を超えるようにプレイすることはなさそうに思えます

いや、そもそも手札に上限を超えるカラーカードしかなかったらどうするんでしょうか


実は、ラウンドの最初に各プレイヤーには手札が5枚づつ配られるのですが、そのうちの1枚を自分の前に伏せます

チャレンジが宣言されたとき、答え合わせにこれらの伏せたカードも勘定に入れます
つまり全員の伏せられたカードも含めてリミット(上限)なのです

緑カードが4枚捨てられたとしても、誰か1人(以上)が緑カードを伏せていれば緑はリミット範囲内となり、チャレンジは失敗になります(ペナルティ)

ですから〔黄0〕というリミットであっても、黄色カードが伏せられている可能性があるので、黄色カードを捨てることができるわけです


リミットカードによって各色の上限は決まってますが、伏せられたカードによってその上限がどこまで追加されているかわからない、という仕掛けなのです

ここにブラフを仕掛ける余地が生まれます
例えば黄色カラーのリミットが例えゼロでも、何人かが黄色カードを伏せてるかもしれません

自信マンマンに黄色カードをプレイした人間は、黄色カードを伏せてるのかも知れません
もちろん他のカラーカードを伏せてるのに
「黄色を伏せてますから~」と装うことはできるわけです
ソロ② 027
*クロスの下にちょっと差しこんであるのが、ラウンドの始めに伏せておくカード
自分だけはいつでも確認してよい
+1カードは得点カード。これもチップでもよい

彼は今、トップなのでみんなで叩きにいこう


チャレンジに成功するか、チャレンジされて相手が失敗することで得点(1点)が得られますが、もう一つ得点の取り方があります

もし手札の4枚が全部同じ色のカードになったらボーナスで1点です
そのうちの2枚を、ドローパイルの上に乗せ、残りの2枚は捨て山に置かれます

しかしその捨てた2枚のカードでリミットを越えたとチャレンジされる場合もあるのでご注意

このゲームは得点は1点づつしか入りませんが、ペナルティは2失点です
1回ミスすると、取り返すのに2点かかるので、せっかく4枚揃ったと思ってもチャレンジされてペナルティだと、結局1失点となります

割に合いません
ソロ② 025
*赤カードは無制限にプレイできるので安牌となる
逆に黄色はリミット0。1枚は許されても、2枚、3枚と出てくるとさすがにリミットオーバーでしょう

青、緑も3枚くらいならなんとか覚えられる・・・はず


例えば〔赤X〕と書かれてた場合、X=無制限なのでそういう色で4色を揃えるのが一番です


誰かがチャレンジ宣言したあと、次のラウンドが始まる前に伏せておいたカードはそのまま手札に戻ります
ここで誰がどのカードを回収したのかを覚えておけば、ある程度有利な情報となるのでしょうか

記憶ゲーといわれそうなシステムですが、同じ作者の「マンマミーア」もそうだったように出されたカードを全部憶えなきゃいけないというわけでもありません

「青はもう3枚以上出てるよねー。それバーストしてんじゃない?」
「リミット0なのに、黄色だすの?さては伏せカードに仕込んだなー」


ポイントとなる色のリミットに注意しているだけでもプレイの指針になりますし、だいたいこういうブラフ要素のあるゲームでは、誰かの不注意でうっかり勝ち、うっかり負けがあったらシラけてしまいます

ですから、フカシ、脅し、すかしなどの適当トークで煙にまきつつも、今どの色がどのくらい出ているのか、全員が把握しているほうが望ましい。というかその方が圧倒的に楽しいです

「黄色はちょうどリミットだよね。青は安牌だけど、赤はもうリミット2枚くらいオーバーいしてるよ。本当にいいの?チャレンジしたほうがいいんじゃないの?」

いわゆるブラフ系ではチャレンジは直前の手番プレイヤー(いわゆる上家)に対して行いますが「リミット」では、任意のプレイヤーを指名できるところがまたヒネくれてます

その場合は、捨て札を注意深く上からずらして、指名したプレイヤーがどの色を捨てたか確認して、それ以前の捨て札がチャレンジの対象になります

ですから自分の手番が済んだと思っても安心できないのです

逆にいえば、トップはテキメンに狙われることになるわけですね
ソロ② 026
*これはカウンティグしやすい!
もう緑も黄色も1枚づつ出てるし(本当は捨て札はきっちりそろえて下が見えないようにするんだけど、どうしてもズレるよねぇ)

新しいラウンドを始めるときは、チャレンジで確認した捨て山はそのままドローパイルの底に回します

ですから最初にシャフルする以外は、ゲームが終わるまで再シャフルしなくていいという親切というかズボラ設計になってます
このあたりのこだわりは、カードの順番はそのままにスタイルが多いローゼンベルグっぽいともいえますね

シンプルだけど、とても盛り上がるゲームです


というわけで
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【リミット】

◇おれの黄色がそんなにあるわけない最近はカードにテキストのあるゲームが花盛りですが、このゲーム「リ

コメントの投稿

非公開コメント

マンマミーアと比べると

記憶しやすく、ゲーム性は高いですよね。

Re: マンマミーアと比べると

「マンマミーア」の方が見栄えやテーマの食いつきがよさそうですけど、軽く盛り上がれる「リミット」ももっと遊ばれていいゲームですね
プロフィール

流星キック1998

Author:流星キック1998
チャンスがあればいつでもボードゲームがしたい!誰か遊んでプリーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
人気記事ランキングトラック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。