スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年 遊びたいゲーム・ベスト10

新年あけましておめでとうございます

年末のまとめ的な記事を書くには遅すぎたので、COMING SOON的な意味で今年(もしかしたら近年になるかも知れませんが)には遊びたいなーというゲームを取り上げてみたいと思います

◇GUERILLA
01

まだこれほど日本のゲームシーンが華やかになる前に手当たり次第買っておいた一品ですが、日本語ルールがありませんでした

ところがこちらのブログでこれが正体隠匿系だと知ってがぜん興味が復活してきたのでした
「ウォーゲームだもの」Guerillaをソロプレイ

基本はウォーゲームの流れにあるカードゲームで、政府軍とゲリラ側に分かれますがゲーム中にはどちらの陣営なのか伏せられてます
「悪魔城への馬車」や「レジスタンス」のようなチーム隠匿系ですね

そういえば伝説の「超人ロック」もチーム隠匿系です
わりと昔からこのタイプのゲームは存在していたんですね。最近のことではないのです

上記のブログ主さんから日本語ルールの抄訳もいただいたのですが(ありがとうございました)、押入れから取り出してみたらなんと自分で日本語に訳してありました!

当時、ヒマだったのでしょう、自分w

こうなりゃ遊ぶしかありません
5人そろったら取り出してみたいと思います


◇ストロングホールド
02.jpg

城を攻める側と守る側の攻防戦は「ロードオブザリング 王の帰還」や、ラッセル・クロウ主演「ロビンフッド」の冒頭で迫力のシーンが堪能できますが、攻城戦はタワーディフェンス系というのでしょうか

正確にはちょっと意味合いが違うかもしれませんが、まあ攻める側と守る側に分かれる2人用ゲームです
(4人でチーム戦も可能)
自分の手番でアクションを使いすぎると相手の手数が有利になるというシステムが面白そうなので一応ルールも読みましたが、もうすっかり忘れてますw

自分の手番をさっさと切り上げて相手を絞るか、じっくり準備するか、勝負どころの駆け引きが面白そうではあります
これもサマリー(だけは)作ってはあるので、近いうちになんとか


◇クローストロフォビア
03.jpg

これも2人ゲーですね

実はまだプチプチも取ってません
このままヤフオクに「未使用品」で出品するなら手間も省けますねw

ダイスの使い方が面白いらしいという評判しか知りません
そもそも箱がでかいので、持ち運ぶのが面倒くさいのが最大のネックでしょうか

いつ封印が解かれるのでしょうか
プチプチは破かれるのを待ってます


◇クレムリン
04.jpg

2012年に一番遊んだゲームは恐らく「ティチュー」でしょうか
といってもほとんどはアプリですがw

しかしウルス・ホステトラーというデザイナーの名前は最初「クレムリン」で知りました
これも幸いなことに、和訳を譲っていただいたので訳す手間が省けました(@jan_432さん、ありがとう)

これも5人くらいがベストなのかなー
早くだれかをシベリア送りにしたいと思いますが

◇シディババ
05.jpg

これは一種のダンジョンアタックものなのですが、1人がダンジョンマスター(ダンマス)になって、残りのプレイヤーはパーティを組むという1対多人数ものです

ダンジョンのマップはマスターしかわからないので(つい立で隠されてる)パーティはどっちの道に進むべきかまさに暗いダンジョンを手探りで攻略していく感じがすごく良さそうなのです(しかもしっかり個人成績による順位争いもある)

そしてこのゲームはキッチリ45分で終わります
なぜなら砂時計が付いていて、パーティは時間内にある種の目的をクリアしないとゲームオーバーになるからです

これがなかなか稼動しない理由は、僕はパーティ組で遊びたいからです
しかしルールを把握している人がダンマス側をやることになるので、どうしても僕が裏方をやらざるを得ないところが痛し痒しです

これは「Fury of Dracula」でも同じ様な問題があります
今まで2回ほど遊びましたが、どちらもルールを知っている僕がドラキュラ側でした

「マンション・オブ・マッドネス」の場合は、国分寺会の主催者さんのお気に入りで、ご本人がマッドネス側(いやGMか)を担当してくれるので、こちらは気兼ねなく探索側で参加できますが

ただし「Fury of Dracula」や「マンション・オブ・マッドネス」と違って、「シディババ」は1時間かかりません

1回プレイしたあとは、ダンマスを代わってもらったっていいわけですから

なんとかこれも近いうちに遊びたいところです
4~5人は欲しいところですね


◇ビトレイアル 裏切り者の丘の館
06.jpg

これがまだ遊べない一番の理由は、シナリオです

僕は和訳なしで購入したのですが、これはシナリオブックという形式で遊びます
誰かが敵プレイヤーと決まった瞬間に、そのプレイヤーだけがそのシナリオの目的を知ってセットアップするわけです(なんページのシナリオを読め、という指定がある)

だからルール・・・というかシナリオをあらかじめ知っておくというわけにはいきません

和訳はありがたいことにネットに公開されてるのですが、それをプリントアウトしたあとファイル風にまとめておきたいところなのです

さらに和訳カードもプリントアウトしてあるのですが、このカードがちょっと大きめで長いので、普通のスリーブでは入りそうにありません

ちょうど「世界の七不思議」くらいのサイズでしょうか
ん?だとしたら最近はスリーブがあるかもしれませんね

とにかく評判はいい協力ホラーゲームで、ゲームの途中でだれが敵になるのかわからないという仕掛けが素晴らしい

別に誰かの所有しているものでもいいので、早く遊びたいゲームの一つです

あ、あと、ゲームのタイルがえらく反ってました
最悪遊べなくもないでしょうが、かなり気になる反り方だったのですこぶる萎えたのを思い出しました


◇チル:ブラックモーン マナー
07.jpg

これも昔に買っておいたゲームですね。もちろん和訳なしです

しかしこれは今見ると、タイルでボードを作るタイプの先駆けかもしれません
それから協力ゲームなのに、途中で敵にやられると怪物の手下となるという仕掛けも面白そう(負け抜けがない)

ただしアイテムカードを集めて、ダイスを振って戦闘するという部分がどうにもオールドファッションな印象です
カードテキストもあるので、それの日本語化もわりと面倒というか

そういえば「チェーンソウ ウォーリア」という1人用ボードゲームがあって、ちょっと前に遊んだのですがゲームバランスがかなり乱暴で、なにかあるとダイスで能力チェックするのがかったるくてメゲました

昔買っておいたゲームを取り出して遊ぶのをためらうのは、やはり昨今の洗練されてるゲームと比べてしまうからかも知れません

まあ、こういったレガシーなゲームや、なかなか遊ぶ機会のないゲームを供養するという名目で積極的に遊ぶサークルも存在するので、本当ならそういうところに参加して成仏させてあげるのがいいのでしょうけれども


◇ユグドラシル
08.jpg

協力ゲームですが、ルールを読んだらいわゆるモグラ叩きだったので「あ、そうか」と納得してしまいました

評判は悪くなさそうですが、ちょっとこちらのテンションのピークを逸してしまったというか
リクエストがあればもちろん取り出しますが

やはり5人プリーズ

◇セリオン 011
09.jpg

最近は「ツォールキン」の歯車コンポーネントが話題ですが、歯車はとっくにこちらが搭載済みです

これでもの凄く面白ければ「ツォールキン」を凌駕するかも知れませんが、どうなんでしょうか
これ、面白いんでしょうか

ルールを読んだ限りでは、最近流行の演繹型推理もの+正体隠匿です

かつては「クルード」や「スルース」のように、あらかじめ隠されたものを残りの要素から推理していくという手法が推理ゲームの主流でしたが、これを帰納法とするならば「豚小屋」や「ミステリーエクスプレス」のように、結果をプレイヤーたちで作り上げていくタイプを演繹型といいます

このゲームの場合、伝説のピアノがどの街に隠されているのかをプレイによってだんだんと限定していき確定していくのです

さらにそれを阻止しようとする悪の派閥みたいなものがあって、これは確かゲームの途中で誰になるか決まるような感じだったと思います(もちろん隠匿)

そして順番取りで競りの要素があったり、なかなか盛りだくさんなゲームです

せっかく買ったので、遊びたいところではあります
やっぱり5人は欲しい
(5人は欲しいばっかりですねw もしくは2人ゲーか)


◇「パシフィックタイフーン」
10_20121231153420.jpg

GMTgamesといえば、ウォーゲーム寄りのメーカーですが、これも太平洋戦争をテーマにしています

しかしこれがトリックテイキングだと聞いて、トリテスキー二等兵としては無視できません

こちらも和訳は入手してあるのですが、全カードを日本語化しようと思っているうちにずるずる日が過ぎてしまいました

これも5人は欲しい



◆ベスト10ということでとりあえず上記10本を紹介しましたが、他にもまだまだあります

そして所有していないもので遊びたいゲームはもっともっとあります
それに再プレイしたいゲームもたくさんあるのです

遊びたいゲームが多すぎる

というのは贅沢な悩みなのかも知れませんね
今年も面白いゲームを遊べれば、とりあえず僕はしあわせです

一緒に遊んでくれる人たちも幸せならいうことはありませんが

一年後、これらのゲームが遊べま10ということにならないことを一年の計に代えさせていただいたところで、本年もよろしくお願いいたします

ということで
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あけましておめでとうございます

 さすが、へべれけさんですね。全てのゲームが僕の予想外でした。

 ユグドラシルは買おうか買わないのか迷った挙句、忘れ去られたゲームです。ストロングホールドも気になりっていましたが持ち込まれている方を見たことがありません。セリオンは持ってませんが、同じメーカーのサトールの魔方陣は持っています。

 遊んだことがあるのは、裏切り者の丘の館くらいですね。面白さはシナリオ次第、展開次第というところでしょうか。


ちなみに僕が遊びたいのはテラミスティリカです。日本語版が出るとかなんとか。持っているものとしてはテネリフェ、ウィズウォー、我慢しきれなかった季節の魔法使いがあります。僕は4人ゲーを未消化のまま多く持っているので、5人はへべれけさんにお任せしたいところ。

Re: あけましておめでとうございます

おめでとうございます。ことしもよろしくです

「サトールの魔方陣」は僕はノーマークだったので、ぜひ遊びましょう
「テラミスティカ」はそのうち流通しそうですし、サークル次第ではけっこうみんな持ってますね
ちょっと長時間らしいですが、1回はやってみたいですね

「12季節の魔法使い」もルール間違いして遊んだままだったので、これもいつか再戦したいです
「WIZ-WOR」は僕も持ってます。カードテキストの和訳シールを作るつもりだったんですが、結構な分量があるのでちょっと放置ぎみです

協力ゲームは他にも「バトルスターギャラクティカ」「キャメロットを覆う影」も常に遊びたいし「ゴーストストーリー」もまた遊びたいところです
rimさん、拡張持ってましたっけ

長時間の2人ゲーはなかなかタイミングが難しいところですが、2卓くらいに分かれそうなときがあったら是非国分寺でも(他のところでもかまいませんが)遊びましょう


失礼しました

気づけば、うっかりマイミクネームで呼んでしまいました。失礼しました。

ゴーストストーリーズ拡張は完全に放置でした。ルールを読んで、4人になりそうなタイミングを見て持参します。

サトールの魔方陣は、所持ゲームの中では自信を持っておすすめできるゲームですね。イントリーゴに並んで、TCGも知らない幼い頃、こういうボードゲームしたかった! というのを形にしてくれています。
プロフィール

流星キック1998

Author:流星キック1998
チャンスがあればいつでもボードゲームがしたい!誰か遊んでプリーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
人気記事ランキングトラック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。