スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カッラーラ(拡張)

◇老舗洋食屋の定番の美味さ
恋ヶ窪3月10日 002

イタリア共和国トスカーナ地方のコムーネ(地域)のひとつがカッラーラです
ここは大理石の産出で有名らしく(特に白大理石)、ローマ神殿やダビデ像なんかに使われてるそうです
へー(Wikipediaで仕入れた情報。テヘヘ)

つまり石材で建物を建てて、勝利点を稼いでいくゲームなのです
クラマー&キースリングのエッセンの新作(だったかな?

手番でやることは
・リソースを買う
・建物タイルを建てる
・決算する

の3択です
リソース、つまりこれが石材ですね

この石材を買うときは全体で11個になるように袋からドローしてくるんですが、石材置き場が中華テーブルのようになっていて、時計回りに少し回します
回すとどうなるかというと、どんどん石材の価格が安くなってくるんですね

最初は$6の白コマ(これが有名な白大理石でしょう)も、石材テーブルを回していけばだんだん安くなってきます
青石材は2回転もさせればタダになります

だから回転させておいてあまりリソースを買わないでおくと、残ったリソースがさらに回転されて後手番のプレイヤーがオイシイ思いをするという、オモシロ仕掛けなんです
恋ヶ窪3月10日 004
*資材テーブルを回すと、だんだん値段が安くなってくる
初期位置では赤資材は$4だが、手前まで回ってくると$1で買える
もうひと回しすれば赤資材はタダだ

一番価値の低い◆黒石材は、すぐにタダになる

建物タイルの購入は、リソース駒を支払って建てます
しかし建物タイルをどの町に建てるかによって、支払うリソースが限定されてきます
一番、建設費の高い町は白駒のみ、だんだん右になるほど使える駒の種類が増えてきます

山の手の高級住宅街からだんだんダウンタウンに下がっていく感じですね
白コマは高級石材なのでどの町でも使えます

さすが白大理石

町で使えるリソースは自由に組み合わせて支払ってOKですが、安いリソースでも賄えるのに、ちょうど手元に白大理石しかないと、まあ、もったいないですが使うしかありません
恋ヶ窪3月10日 007
*一番左の高級住宅地は、高級資材である白大理石しか使えない
しかし右へ下がっていくほど、価値の安い資材が使えるようになる

青い都市Massaは5色の資材が使って、建物のコストを支払える
この場合、組み合わせて5個の資材を支払えばいい
◇白や黄色はもっと左の高級地でも使えるから、なるべく安い緑や青を使いたいところ

黄色の都市Pisaは◇白と黄色の資材しか使えない

建物タイルを配置するにはリソース駒が必要で、リソースを買うにはお金が必要です
しかしお金は自分で決算しないと入ってきません

決算の方法は
・建物の種類か
・町の種類

の2種類ありますが、決算はそれぞれ1回づつしかできません

例えばAという建物について決算すると、自分が配置したAタイルだけが決算の対象になります
もうA建物の決算はできなくなります

じゃあA建物を決算してしまうと、もうA建物を買う必要はなくなるかというとそうではありません

もう一つの、町の決算があるからです

町での決算を選ぶと、建物の種類は関係なくその町に配置している建物が対象になります

どうせならめいっぱい儲けたいので建物タイルをうまく配置してから決算したいところですが、まあ、早晩、お金は尽きてくるのでどこかで決算しなければなりません

決算はあくまで個人を対象なので、誰かの決算に乗じてボーナス的におこぼれがあったりすることは、このゲームではありません

決算はお金ばかりではなく、勝利点をもたらす町もあります
町ごとにお金か勝利点になってるのです

町決算ではお金か勝利点の選択になりますが、建物決算なら、その建物がお金と勝利点の町の両方に配置してあれば、どちらも同時に収入になります

ですから建物の配置の仕方はちょっと悩みどころで、そして大事です
恋ヶ窪3月10日 067

*ちょっと見にくいけど、もう建物決算を2回している(これは拡張の写真)
いま3種類の建物を2件づつ配置してるので、特定の建物を決算すると2ヶ所で収入が入ることになる
赤い屋根の建物タイルは緑都市と黒都市の2ヶ所に建ってるけど、どちらもお金が入ってくる都市
どこかでドカーンと収入しておかないと、ジリ貧になる


決算を起こすと建物タイルに記されているオブジェクトがもらえます
これは勝利点にもなりますがゲーム終了条件でもあります

このゲーム(基本ルール)では、ゲームの終了条件は大きく2つあります
①購入できる建物タイルがボードから尽きるか
②一人のプレイヤーが以下の3つの条件を達成したとき
にそのラウンドでゲームは終了します

3つの条件とは
・4回以上決算している
・オブジェクトを規定数もっている
・建物タイルの価値が規定数に達している

です

まあ、これらは建物タイルをガンガン建てていくと自然と条件を満たすようになってます
しかし個人でゲームを終わらせることができるので、そのタイミングを計るのは重要です

悩みどころ、考えどころがシンプルで面白いですね!コレ

細かい設定や処理がいっぱいで、ルールのインストだけで1時間もかかるようなゲームの重量感もボードゲームの魅力のひとつですが、こういうシンプルなゲームを遊ぶとほっとします

ちょうど現代の最先端科学理論を駆使した最近のSFばかり読んでると、たまに読むフレドリック・ブラウンやアシモフが楽しくてしょうがない、というのに似ているかも知れませんw

リソース盤を回すのも悩みどころですが、他プレイヤーの所持金をある程度カウンティングすることでリソースを投入するタイミングも計れるのです

実はオブジェクトも$10で1個購入できるという謎ルールがあるのですが、ゲームを終わらせるためにしか使いようがなさそうです
恋ヶ窪3月10日 065

*ボードの左上に7種類のオブジェクトが1個づつ置いてあり、ここから$10で1個買うことができる
じつは、決算すると建物ごとのオブジェクトがもらえるんだけど、オブジェクトはがんがんサプライから減っていく
サプライにないオブジェクトは決算してももらえないのだ
だから最初から7個は、ボードに確保してあるというわけ。お金がかかるけど


お金は$5で1勝利点です
しかしオブジェクトは、1個で3勝利点あります

ですから$10持っているよりは、それでオブジェクト1個を勝った方が勝利点はお得ですね

このゲームには拡張ルールもあります
もしかしたらそこでオブジェクトも重要になるかもしれませんが、機会があればぜひ拡張ルールでも遊んでみたいものです

ということで


◇カッラーラ:拡張
ということで4人で拡張ルールで遊んでみました

違うのは個人での終了条件です
基本ルールでは
・決算4回
・オブジェクト規定以上
・建物コスト規定得点以上の建設

という条件でしたが、ここが毎回カードによって変化します
今回はオススメセットを使用
・建物コスト5以上の建物を2個以上建設
・オブジェクトのペアを3セット
・3つ(以上)の都市にそれぞれ、建物を2件以上建設


さらに一番下に、終了時に使う決算カードが追加されます
恋ヶ窪3月10日 062
*終了条件は毎回カードによって変化する
これで何度も新鮮に遊べるようになっている


ルールの変更は、円テーブルから資材を購入するときに回さなくてもよい、というルールです
もちろん回してから買ってもいいです

少しでも安く買いたいのたいては回して買っていましたがw
実は、あのテーブルは1周するとまた初期の値段に戻ってしまうのです!

だからその手前のリソースが初期値に戻る前に、テーブルを回さないで買うことができるというわけです
まあ、実際は1周することはありませんでしたが

あとは、追加カードです
これも毎回変わるのですが、今回は全ての都市決算を最後に全員が行う、というものです

さらに、8コスト建物タイルが登場しました
基本ルールで建物は最高で5コストだったので、8コストはかなりの高額物件です
恋ヶ窪3月10日 064
*8コスト建物
こうしてみると、オレンジ系とグリーン系に分かれているのもよく解かる

ということもあって、拡張ルールではアップグレードができるようになりました
例えば最初に4コスト建物を建てておけば、差額でアップグレードができます

この場合
5コストなら1資源、8コストもあと4資源支払えばアップグレードできるのです

そして8コスト建物はランダムにドローしてくるわけではなく、最初からゲームに登場してるのでリソースさえあればいつでも建てることができます
その上、8コスト建物を建てるとボーナスタイルが選べます

ボーナスタイルは都市のお金や勝利点を書き換えてくれます

これまでは都市ごとにお金、勝利点が別々だったのですが、上書きすることで一つの都市の決算でお金と勝利点が同時に得られるようにもなりました
恋ヶ窪3月10日 063
*8コスト建物を建てるともらえるボーナスタイル
お金と勝利点が同時に入るようになる。もちろん早い者勝ち

前回のプレイで
プレイ中に少しづつでも勝利点を稼いでおいたほうが得だなと思ったのでこのボーナスタイルを優先的に利用することにしました

しかし8コスト建物を建てて、同じ都市に即ボーナスタイルを配置することはできません
さすがにそこまでダイレクトに便利なわけではありません

ですから以降の手番で、別の8コスト建物を建ててボーナスタイルを持ってくる必要があります

決算の種類も個人ボードの右端に2つ増えました
一つはオレンジ建物全部が対象で、お金になる決算
もう1つはグリーン建物が対象で、勝利点になる決算です

前回は全然意識してなかったのですが6種類の建物は大きくオレンジ系グリーン系に分かれてます
これまでは建物の種類ごとと都市ごとの決算だけだったのですが、さらにオレンジ系、グリーン系でも決算することができるようになったわけです

このゲームは各プレイヤーは決算は6回しかできません
しかも同じ種類の決算は1回しかできず、都市の決算はプレイヤー1人しかできません(複数のプレイヤーが同じ都市の決算をできない)
恋ヶ窪3月10日 009


なるべく同じ建物をそろえた方が建物決算では有利なのですが、いったんその建物決算をしてしまうと、後は都市決算でしか収入はありませんでした
しかも都市決算は早いもの勝ちです

しかしオレンジ系/グリーン系として、またもう1度同じ建物が誰にも邪魔されずに決算できるので、遅れをとってもなんとかなるようにはなってます

逆にいえば、差をつけたプレイヤーがさらに独走するチャンスでもあるということです

わりとシンプルで、遊びやすいゲームではあるのですがちょっとしたコツはあります
勝ち筋をつかみ損ねると、周回遅れくらいの大差になることも多いようです

ということは、ある程度慣れたプレイヤー同士でないと拮抗しません
そのあたりはこのゲームの評価を分ける部分でしょう


それから建設をあまりしないと資源が枯渇してきて袋から資源がドローできなくなる場合もあります

そういうときは
「袋の中がカッラーラ」ということを忘れずにw


「いやー、持ち金、もうありませんよー。財布の中身がカッラーラ!
「買いつくされて、円テーブルもカッラーラ
「あー、残りオブジェクトももうすぐカッラーラですよー

頭の中をカッラーラにして楽しみましょうw
多分、それでは勝てないでしょうが

あしからず
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カッラーラ

このゲームをやると、何もかもカッラーラで勝てませんw

とにかく序盤は資金力強化が大事です。

Re: カッラーラ

> とにかく序盤は資金力強化が大事です。
序盤、中盤、終盤でセオリーができそうですね

拡張ルールはやっぱり8コストが強いので、安い資材でもなんでもとりあえず買ってボーナスタイルを押さえるのが良さそうです
プロフィール

流星キック1998

Author:流星キック1998
チャンスがあればいつでもボードゲームがしたい!誰か遊んでプリーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
人気記事ランキングトラック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。