大阪ゲームマーケット2014

◇そうだ、大阪にいこう

ぎりぎりまで確定しなかったんですが、帰省する目的半分で大阪ゲームマーケット2014をちらっとのぞいてきました

というわけで写真はほとんどありませんが
着いたのは11時過ぎです
べじたべーな 002

実は、ボードゲーム研究室のポッドキャストを聞いて、欲しいとおもってたたなごころさんちの「えんかい」ですが、すでに完売でした
それでも運良く、試遊できたので紹介してみたいとおもいます

◆えんかい
べじたべーな 003


まずコルクのコースターのコンポーネントに目を惹かれます
この12枚のコースターには干支、つまり12の動物が描かれてます
このコースターを裏向きにランダムに円状に並べます

ランダムなので、干支の順序もバラバラです
これをプレイヤーみんなで協力して順番を揃えようという協力ゲームです

最初にアクションチップを配られるんですが、プレイヤーは手番にこのアクションチップを消費します
今回は6人プレイだったので、各プレイヤーは4チップづつ持ってます

つまり1人あたり、4手番しかありません

アクションチップの内訳は、まず基本の
・3枚確認する(もちろん自分だけ)
・2枚を入れ替える

この基本チップだけはそれぞれ1枚づつ、初期チップとしてもっています
他のアクションは
・1枚をオープンする
・みんなで相談する

あと、他にあったかもしれませんが、残りのチップはランダムに配られます

そしてこのゲームの一番重要でユニークなルールは、ゲーム中ある言葉しか発してはいけない、というルールです

ある言葉はゲームの最初にプレイヤーで相談して決めます
僕は「ぼちぼちでんな」がいいかなーと思いましたが、なんとなく「わーわー」という言葉に決まっていましたw

ゲームが始まったら、自分だけが確認したコースターがなんなのか「わーわー」となら意思表示をしてもいいのですw

「わーわー」がルールなので
「わ?」や
「わわわわ!」は禁止です


「わー・・・わ?」くらいならOKですがw

「わー」を2回発声するというのが決められたルールなのですが、まあ、そこはよしなに

さて、まずどこが1番目(ネズミ)かを決めたら、そこから順番にコースターを並べ替えていかなければなりません
アクションで3枚見ることができても、それらを適切な場所に配置しなおさなければならないのです

つまり「2枚を入れ替える」アクションチップは、大事に使わないと詰んでしまいます
そしていざ、正しい配置に入れ替えたならば、全力で
「わーーーーーーー!わ!」(ここはもういじるなよ!)とアピール
しましょう

伝わるかどうか、ましてや初めての人同士だと多少奇異な目で見られるのは承知の上です
大阪まで来ておいて、照れくさいもなにもありません


自分の手番にアクションチップがなければゲームオーバーとなるので、それまでにコースターの順番を確定しなければなりません

そしてそろったと思えば、自分のアクションチップを1枚裏向きで使ってチャレンジをします
つまり、1番からコースターを表向けて答え合わせするのです

今回は見事にプレイヤーが勝利しました!


協力ゲームでは奉行問題が取りざたされる場合がありますが、このゲームでは奉行になりようにありません
もし奉行が現れたとしても、その奉行はなんかひとつの単語を繰り返すだけなので無視していいでしょうw

基本はパズルです
僕は残念ながら購入できなかったのですが、もしかしたらソロプレイルールがあるのかもしれません

そしてソロプレイでもやはり、決められた言葉しか発声できなかったりして
でも気にすることはありません

ソロプレイなら他にあなたを見ている人はいないのですから・・・



会場に着いてまず、委託されたものを買いにいったのですが大本命の「ジジニャーゴ」は完売してました
もう一方の委託物は無事に確保できました
べじたべーな 023
*この手のゲームを主食とする、あるマスクマンからの委託品


ごいた保存委員会による、ごいた駒の製作現場も見学してました
べじたべーな 004

正方形の板に、ちょうどごいた駒がはまるような穴(凹み)があり、そこに駒を固定してノミのような道具で文字を掘っていたのですが、版画で使うような彫刻刀じゃなかったのが印象的です

べじたべーな 019

今回の戦利品
・委託物2点
・チーキーモンキーは少し安くなっていたので、親戚の子供のお土産用に購入
・ごいたの木駒。ちゃんと巾着もいただきました
今回の目的の半分はこれを買うためだったりして

ところで、ごいた駒のアクセサリーもあったのですが、知らない人がみたらただの将棋の駒のアクセサリーにしか見えないのがなんというか、はがゆいやらもったいないやらw

「警部!殺人現場に落ちていたこのアクセサリー、ごいたの駒のピアスですよ!」
「ん?将棋の駒だろ」
ごいたの駒です。珍しいんです!」
「将棋の駒とどこが違うんだ」
「う・・・、それは・・・」

・「キングダム・オブ・フールズ」3人用というが珍しく、しかも800円と安かったので
・「ひよこどりっぷ」賽苑。最初はスルーしたんですが、試遊しているのを見たら欲しくなった一品w
一言で言えばチョコボールメカニクス!これも800円


あとはぶらっと縁台ハイパーロボットを眺めて、横から最短解をさらっと解答して去っていこうと思ったら、まったく答えが見つからずw
知り合いのサークルの試遊卓に挨拶しにいって、けっきょく新作予定のテストプレイだけしたり(大阪に来て、わざわざw)
今回も、わりと試遊卓は満杯が多くてタイミングも合わなかったのであまり多くは遊べませんでした

この後、箕面に行く用事があったのできりのいいところで会場を後にしました
東京のゲームマーケットがビッグサイトに移って、広々となったのはいいことなのですが、大阪の会場はかつての浅草のようなサイズで(それよりは天井が高いのはありがたい)なんか懐かしい雰囲気がありました

ただ、中古ゲームを取り扱ってるところがほとんどなかったのはやっぱり寂しかったかな


ということで
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

流星キック1998

Author:流星キック1998
チャンスがあればいつでもボードゲームがしたい!誰か遊んでプリーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
人気記事ランキングトラック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR