2014 ゲームマーケット・春

P1050991.jpg

GMでは、気になったゲームが試遊できるのも大きな楽しみの一つです
とはいえ、人気のあるブースでは順番待ちもあったりして、入るタイミングは難しく、とりあえず手頃なところで遊ばせもらいました

◇ジュウシマツ
P1050993.jpg

2人プレイ
「どうぶつしょうぎ」の北尾まどかさんの新作(かな)ですね
お互いのジュウシマツ駒を袋から引いて、テーブルに配置していき、縦横ナナメで自分のジュウシマツが10匹以上になったら勝ち、というシンプルなゲームです

4匹のタイルが1枚、3匹が2枚、2匹が2枚、1匹が4枚という構成(それぞれの袋に入っている)なので、最短で3手番で終わることもあります

運要素が強いのでサクっと終わります

◇ナナホシ
P1050995.jpg

2人プレイ
続いて、同じ作者のこれを
こちらは2色のてんとう虫があり、星が1~3まで2個づつあります

最初は裏面にしてよく混ぜて、盤面に並べます
自分の手番には裏向きのタイルを表にするか、すでに表になっている自分の色のてんとう虫駒を移動(捕獲も含む)もしくは方向を90度変える、かです

めくったのが相手の駒、ということもあります
そういう場合は、相手が動きにくいように方向を決めてイジワルするわけですね

星が3つのてんとう虫は前方3方向に移動できますが、星2個のてんとう虫は左右ナナメのどちらか、星1個のてんとう虫は前方1マスに移動できます

目的は、相手のてんとう虫を捕獲して、星を7つ獲得したら勝ちです
だからナナホシなんですね

実はこれ、象棋(シャンチー)駒を使って遊ぶ「暗棋」(アンチー)が元になってます
しかし、なかりシェイプアップして移動方向が駒によって違うことでオリジナリティをだしてます

◇ナナトル
P1050997.jpg

2人プレイ
手札は4枚で、交互に1枚づつ盤面を埋めていきます(中央には山札から最初の1枚が置かれます)
そして縦横ナナメにカードが3枚埋まったときに、数字の合計がちょうど7だったらポイントになります

ポイントカウンターは9個あるので、先に5個先取で勝ちです

同時に2列で合計7を作ることができたら2ポイントゲットできます
手札は使い切ったら毎回シャフルされるので、かなり運要素が強いですが、カードを移動できるイベントカードなどもあり、ゲームが長引かないのはいいところでしょうか

◇マンカラ
P1050998.jpg

2人プレイ
今回もマンカラの試遊卓は子供連れで盛況でした
人気ありますね、マンカラ

実はマンカラはなん百というルールがあるらしいのですが、手っ取り早いゲームをひとつインストしてもらいました

ルールは簡単で、ボード手前にある自分の皿を空っぽにしたら勝ちです
マンカラはご存知のように、皿の中の石を全部取り、反時計回りに1個づつばら撒いていきます

もしこのとき、最後の1個を両端の皿(どちらのものでもない)に撒くことができたら、もう1手番プレイできます

この連続手番が重要です
うまくすれば何手番でも連続でできるのです

もう一つ重要なことは、相手のエリアにまで石を撒くことです
石は反時計回りにしか撒けないので、左端の皿に石が1個しかないと、移動力は1しかありませんからこの石を捨てるには時間(手間)がかかるのです

このマンカラの移動メカニクスは非常にモダンです
ただし完全公開情報であり、どのポジションにいくつの石があればいいのか、という定石はありそうです

しかし連続手番であれよあれよという間に上がれると、とても気分がいい!
(実際には相手にあれよあれよと上がられてしまいましたが)


◇ドラフツ
P1050999.jpg

2人プレイ
こちらも伝統ゲーム
チェッカーだと、駒が成る(プロモーション)とひっくり返して王冠マークを上にするんだけど、インストラクターの(どこかで見たことのある)お兄さんに聞いたら、成った場合は「(同じ)駒を重ねるのがナウい」とのこと

慣れてないうちは、うっかりポンポーンと取られちゃって大幅戦力ダウンということもありますが、これも短時間で遊べるゲームです
P1060002.jpg



僕は個人的な理由により、直前になるまでGMに行けるかどうかいつも不明なので基本的にはサークルさんのゲームは予約できません

ということでゲームの購入はいつものように、一期一会、別の言い方をするならば出たとこ勝負です
買ったものはこちら
P1060011.jpg


ただ、ペンタメローネブースのインスト本は狙っていたので、入って真っ先に買いに行きました
草場さんと小野さんの冊子は通常販売なのですが、実は商品を購入するとSIROU氏の「俺のインスト」という非売品がもらえます

どうせなら3冊欲しかったので、当日まで買う予定ではなかった「忍者対戦」を買ってさっそく遊びました

◇忍者対戦
P1060005.jpg

2人用ゲームです

境界線カードが9枚あり、その両端がそれぞれのプレイヤーの陣地(領土)です
自分の忍者ランダムに並べて(ボスだけは初期配置が決まっている)ゲームスタートです
※本当は両プレイヤーの間に横切るように境界線カードを並べるんですが、ファミレスのテーブルが狭かったので縦構図になっております

ゲームの目的は自分の忍者を一人でも相手の陣地に送り込むか、相手を全滅させるか、です

手番ではまずダイスを3個振ります
そしてその出目を使って、自分の忍者カードを敵陣に向かって進めるわけです(バックはできない)


ところで、ダイスは赤、青、緑の3色あり、カードも3属性(3色あります)
つまり動かせる忍者カードはダイスの色に対応しているんですね
もちろん1つの色ダイスに付き、(対応する)色忍者カード1枚が移動できます

ただし、重なった3枚までのカードならそれらをいっぺんに移動することができます
例えば忍者カードが3枚、赤-緑-青(一番上)重なっている場合、赤ダイス目が2ならこれら3枚とも2マス前進できます

もし緑ダイス1を使うなら、緑-青の2枚を1マス前進できます

ダイスの色につき1色のカードしか移動は対応してませんが、スタック(3枚まで)を上手く組み込むことで、最初の移動力以上の距離を移動させることができまるのです

昔の忍者アニメにあったような、忍者の肩口の上に忍者が乗り、さらにその上の肩口に忍者が乗って疾走するようなイメージでしょうか(却って解りにくくてスミマセン)
P1060006.jpg
*どのダイスから使うか。戦闘でダイスを使うとばかり思ってたので、このダイスの使い方には関心しました

まあ、つまりはスタックは大事ということです

なぜなら、戦闘でもユニット数(忍者の数)が多い方が有利なのはウォーゲームの常だからです
忍者カードを移動させたとき、境界線を挟んで同じエリアに敵の忍者がいたら自動的に戦闘になります

この戦闘もとってもシンプルです
忍者の属性を比べて、負けた方が捨て札となります

属性は3すくみになっており、要はジャンケンです
アイコンも兜(グー)、クナイ(チョキ)、巻物(パー)、となってるので一目瞭然です

相手が3枚くらいの軍団(スタック)であっても、もし相手の忍者カードが全部グーなら、こちらはパーの忍者1枚で相手を殲滅できます

パーの忍者って、なんか頭悪そうですが相手がグーなら勝ちます
なにせ、ジャンケンですから

もし同じ属性(アイコ)だったら、数値勝負になり、数値も同じならようやく引き分けです
引き分けの場合はどちらも1マス後退(バックするのはこのケースだけ)するのですが、後退した結果、また戦闘ということもあります

うっかりすると、この連鎖式の戦闘で戦力がごっそり削られることもあるので要注意でしょう

カードはスタックされているものも含めてすべて公開情報なので、どういう順番で忍者カードを進軍させていけばいいのかが解り易くはなってますが

手番では、ダイス1個につき移動(戦闘)をするのですが、3つのダイスを使い切る義務はありません
あまり突っ込み過ぎると、タコ殴りにあう危険もありますし、次に相手が攻めてきたときのことを考えて防御的に忍者を配置しておく必要もあるかもしれません

最後に控えているボス(首領)は、3属性を持ち、数値も最大の4です
ヒラの忍者は数値が1~3なので、単独ではボスには決して勝てません

ただし結束すれば別です

ボスがスタックした忍者と対戦した場合、最初の1人(スタックの一番上の忍者)には必ず勝ちます
しかしスタックにはまだ忍者がいるので戦闘は続きますが、連続して戦闘した場合はボスの数値が1づつ減少していきます

つまし最初の忍者を倒したことで、ボスの数値は3になってます
さらに2人めの忍者を倒すと、ボスの数値は2になります

そのときスタックに残っている忍者の数値が3ならば、ボスを倒すことができるのです!
※ルール間違い
首領が連続で戦闘したときは、倒した相手忍者の気力(数字)分、首領の気力が減少します
つまり最低忍者が2人いれば、首領も倒せなくもないということです

ボスは強敵ですが、倒せなくはありませんがゲームの目的はボスを倒すことではなく、的の陣地に攻め入ることを忘れずに(もしくは殲滅)

ボスはやはりかなり強いキャラなので、手番中に1回しか活動させることはできません
最初に遊んだときはそのルールを見落としていて、ボスが無双の強さでしたが(^^;

もちろん、戦闘を避けて前進するのも兵法です
先ほどのスタック移動ワザを使えば、上手く敵の包囲網を突破できるかも知れません
P1060008.jpg
*生き残ったのが両ボス。先に敵陣地に到着した方が勝ち。こうなるとダイス運勝負!

2人用ゲームでは、考えどころを増やすことで歯ごたえのあるゲームにまとめる場合もありますが、最近は体力も衰えていることもあり、このくらいの軽いダイス運とほどのよい考えどころが僕にはちょうど良かったです


ということで

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

流星キック1998

Author:流星キック1998
チャンスがあればいつでもボードゲームがしたい!誰か遊んでプリーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
人気記事ランキングトラック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR