スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傭兵隊長:コンドッティエーレ

◇隊長!次はどこ攻めるっすか
pic239843_t.jpg

ゲームのオモシロさにはいくつか段階があります

最初は、まあそこそこかなぁという印象のゲームが2度、3度めのプレイでそのオモシロさを理解する場合もあれば、初見であまりのオモシロさにガツーンとくる場合もあります

『傭兵隊長』は初見でガツンときたほうのゲームです
(最近では「ダンジョンレイダース」でしょうか)

とはいえ、最初は例によって いくつかルール間違い をしていたのですが、それでも面白かった!
先日、完全日本語版も発売されたということもあり改めて紹介したいと思います


このゲームは、カードによって戦争をして勝者は自分の駒をイタリアの都市国家の一つに置きます
都市を5つ占領するか、繋がった3都市を占領すればゲームに勝利します
pic721633.jpg

戦争はカードの数字比べです
ラウンドの最初に各プレイヤーは手札を10枚受け取ります

自分の手番になったら
・カードを1枚プレイする、か
・パスするの2択です

一人以外全員パスしたらその戦争は終結します

戦争の勝敗は【傭兵】カードの合計値比べです
【傭兵】カードの数値は1~10までの幅があるので、高い数字のカードがあれば有利なようですが、このゲームでは特殊カードがてんこ盛りなのでそう簡単には勝てません

例えば【ドラム】は、プレイした【傭兵】の合計値を2倍にし【春】カードは最も数値の高い傭兵カードに+3点します

しかし合計値をどんどん高くしていけば勝てるほど甘くありません
【司教】カードがプレイされたら、その場に出ている最も数値の高いカードは全て捨てられ ますし【冬】カードは【傭兵】の数値を無効にして1枚1点にしてしまいます

勝てそうになかったら【かかし】カードで自分のプレイした場札を1枚、手札に回収することもできますし【降伏】カードで強制的に戦争を終わらせる”電撃作戦”で勝つこともできます

これらの特殊カードの存在があるために、手札からカードがプレイされるたびに戦況はガラッと変わります。高い数値の【傭兵】を手札に持っていてもうかうかしていられません。そして戦力が低くても充分に勝てるチャンスもあるのです

それでも手札運が良ければ楽勝にも思えますが、 ”戦争フェイズ”が終わっても手札の補充はありません
1人をのぞいて全員手札がなくなると(もしくは全員)ラウンドが終了してようやく手札が補充されます

つまり最初の手札10枚で、何度かの戦争を乗り切っていかなければならないのがこのゲームの面白いところです

手札がなくなったら戦争フェイズはパスするしかないので1つの戦争だけに手札をつぎ込むわけにはいきません

どの戦争を勝ちにいくか、引くか
勝敗は傭兵隊長であるプレイヤーの戦況を読む目と適切な判断に懸かっているのです

一度パスしたらもうその戦争には参加できないのですが、すでにプレイ済みのカードはまだ戦争の勝敗に有効です。
生存プレイヤー同士が消耗戦を避けるために【かかし】などで次の戦争に使えそうなカードを引っ込めたり、ライバルに勝たせることを避けるために自分が勝てなくても【降伏】を使って第三者に勝たせることもあるので、一度パスしてもおこぼれ的に戦争に勝利することもあります

戦争に勝ったプレイヤーは次の戦場となる都市を選ぶことができます
もし傭兵隊長となったプレイヤーが占領地の隣りを選んだりすれば、よほど手札に自信があるのかも知れません
なにせ占領都市が3つ繋がったら即、ゲームに勝利ですから隣接する2つの都市を占領させるわけにはいかないのですよ!

しかしこのゲームでは交渉、結託がルール上認められています
まあ、つまりトップの独走を黙って見ているんじゃない、というルールですね
「ここで俺らが消耗戦になってると、トップが有利だぜ。ここで勝たせてくれたら、次の戦争は引っ込んでるよ」
「OK」

・・・もちろん、その約束に従う義務はないんですが

P1000120.jpg
左はcourtesanです。和訳すると(貴族らを相手にしていた)高級娼婦です。戦力値は1ですが、このカードを一番多くプレイしていると戦争に勝っていなくても次の戦場を決める権利を得ます。ピンクトラップで隊長をたらし込んだのでしょう。きっと
右はヒロインです。戦力値が10あり、特殊効果を受けないという鉄板の強さです。このゲームでの女子力はすさまじい威力です


どういう形であれ、戦争に勝って都市を一つでも占領しておくのは重要です
というのも新しいラウンドの開始時に手札10枚は保障されてますが、そのとき占領している都市につき1枚、追加で手札がもらえるのです

手札が多いほど有利なのは間違いありません

早めに戦争フェイズでパスすると、戦争が終わるまでなにもすることがないこともありますが、誰がどのくらいの戦力(手札内容)なのかをしっかり見極めておかないと次の戦争で優位に立てません

一見、カードを溜め込んだほうが有利なようですが、はたしてあっさり勝たせてくれるでしょうか
共同戦線を張ってトップ叩きをするもよし、協調するフリをして出し抜くもよし、口八丁手八丁でハッタリかけるも大いによし、です

この、カードプレイの駆け引きといいますか、心理戦が非常に面白くも熱いゲームです

ということで


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

流星キック1998

Author:流星キック1998
チャンスがあればいつでもボードゲームがしたい!誰か遊んでプリーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
人気記事ランキングトラック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。