スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャッスルパニック

◇ゴロゴロドカーン!
120328_2035~01

オークやらトロールやら、森からわんさか城目掛けて攻めてきます
プレイヤーたちは一致協力して、居城を守り抜かねばなりません

このゲームは協力ゲームですが「パンデミック」のように真面目路線ではありません
イラストやコンポーネントの雰囲気で解かると思いますが、オークやトロールも二頭身キャラのイメージです

モンスター、怪物、クリーチャーというよりは、もんすた~、という感じですね


モンスター達は森から登場して、中央の城壁に攻めてきます
同心円が6分割されていて、毎回ダイスを振ってその目のところに沸いてくるわけです
そして各プレイヤーの手番終わりに、城壁に向かって1歩づつ進んできます
プレイヤーたちは四方八方から攻めてくるコイツらを、カードを使って撃退していきます

攻撃カードは、弓兵、騎士、剣士とありますが、それぞれ攻撃できるレンジが違います
一番遠いところに攻撃できるのが弓兵で、中央は騎士、城壁間際は剣士しか攻撃できません

さらに城の周囲360度は、青、赤、緑のゾーンに3分割されているので、レンジ(攻撃範囲)が一致していてもゾーンの色が違うとやはり攻撃できません
pic503381_md.jpg
*一番外枠の【森】にモンスターが登場する。残念ながら【森】には攻撃が届かない

手番の始めに手札が5枚になるまで補充します
その後、1枚だけ捨ててドローしなおすこともできます
さらに、他プレイヤーと1枚交換できます

城壁がヤバそうなときは、惜しみなく協力しないとあとで痛いめにあうのですが・・・

手札メイクが終わったらようやく攻撃です
何枚カードを使ってもかまいません
モンスターにはHP(体力)があり、1回攻撃を受けるとHPが1づつ減っていきます

3HPのモンスターは3回ダメージを負うと撃退されます
そしてトドメを刺したプレイヤーがそのモンスタータイルを受け取り、勝利点とします

そうです
このゲームは協力タイプといいながら、無事にモンスターの侵攻に耐えた場合は勝利点をもっとも稼いだプレイヤーが勝利するのです
pic503383.jpg
*ダメージを食ったらタイルを回転させてHP表示する。右下は親分

カードプレイが終わったら、モンスターの侵攻フェイズです
バトルフィールドに残っているモンスターは1歩づつ城壁に近づき、さらに2タイルをめくってダイスを振り、新しいモンスターを登場させます

このときモンスターが城壁にぶち当たったら、モンスターのHPが1削られますが、城壁は一発で壊れます
居城は塔と城壁の2段構えなので2回までは耐えられるように思えますが、一度城内に入り込んだモンスターは特殊カードがなければ撃退できません(通常の騎士や剣士カードでは攻撃できないのです)

さらに、モンスターは入り込んだ場所から時計回りに塔を破壊していきます
ですから城壁を突破されたらかなりヤバい状況なのです

カードには城壁を強化するものと、壊れた城壁を修復するカードもあります
ただし城壁を復活させるには2種類の修復カードをセットで捨てなくてはならず、こればかりはカード運です

城壁が壊れていないゲームの序盤はこれらの修復カードは邪魔なのですが中盤以降、いざというときのために手札に残しておくかどうするかは悩みどころです

そしてモンスタータイルは戦場の傷ついたモンスターのHPを回復する能力を持つモンスターの親分たちや、プレイヤーに特定の攻撃カードを捨てさせるイベントなども含まれてます

その中で一番ユニークなのは巨石でしょうか

このタイルがめくられたらダイス目の場所から転がってきて城を通過して反対側まで転がっていきます
そこにいるものはなにもかもなぎ倒していきます
パニック01

城壁だろうが、オークだろうが、なんでもです
巨石の前ではなにもかもが平等に被害を受けるわけですw


ちょうど城壁が崩れていて、なにも被害に遭わずにモンスターだけをなぎ倒してくれたときは
「おおっ、神のご加護よ!」と感謝したくなりますが、モンスターを無視して城壁だけをぶっ壊していかれると
「悪魔の所業!」と嘆くことになります

モンスタータイルを全部使い切って、モンスターどもを撃退したらプレイヤーの勝利です

今回は、モンスターが2匹も城内に侵入してきたので、モンスタータイルがあと数枚というところで城を食い破られてしまい負けてしまいました

カード運がかなり強いので、クリア後の個人勝利をコントロールするのは難しいでしょうから最初は完全協力ゲームとして遊んで、バリアントで個人戦を取り入れるくらいでもいいかも知れません

あまり難しいことは考えずに、軽くわいわい楽しめるゴロゴロドカーン型協力ゲームでした

というわけで
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

流星キック1998

Author:流星キック1998
チャンスがあればいつでもボードゲームがしたい!誰か遊んでプリーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
人気記事ランキングトラック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。