スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホビット

◇ホビットの旅はお弁当持って
ほびっと


トールキンの『ホビットの冒険』が評価的にも商業的にも成功したため、その続編を依頼され書き上げたのが『指輪物語』です
つまり『ホビットの冒険』は『指輪物語』の前日譚であり、このボードゲーム版ではフロドのお父っつぁん叔父さんのビルボの旅がテーマになってます

今年(2012年)P・ジャクソンによって第1部『ホビット 思いがけない冒険』の映画が公開されますが、いまはまだ見ることができないので原作的な背景はまるでわかってないのですが、まあ、クニツィアのことですからつまらないということはないでしょう

「ロードオブザリング~指輪物語」は完全協力ゲームでしたが、今回は、基本的には勝者を1人決めます

ただし、プレイヤーが冒険の途中で冒険チャレンジに失敗するとゴールにいるドラゴンがズシっとこちらに進んできます
そしてドラゴンが湖のマスまで到達してしまったら、プレイヤー全体の敗北となります

各プレイヤーはそれぞれ個人ボードを受け持ちます
これはいってみればパラメータで、能力を上げていくといろいろ有利になります
ドワーフカードを手札に5枚と3食分のお弁当を受け取ったら、さあ旅に出かけましょう
恋ヶ窪② 152
*初級~上級レベルによって最初のパラメータの位置が違う。今回は標準レベルでプレイ

このゲームは面白いことに、手番というものがありません

ディーラー役の人が随時イベントカードをめくって、それを処理していくことでゲームは進行します
”旅に出る”というイベントがめくられたらビルボの駒をプレイ人数分進めるのです
3人プレイなら3歩、4人プレイなら4歩です
そしてこのとき手札のドワーフカードを1枚選んで一斉にオープンします
恋ヶ窪② 157
*ドワーフカードはどのタイミングでも1枚使ったら1枚補充する

ドワーフカードは数字が1~60までありますが、数値の小さいカードを出したプレイヤー順にビルボが進んだマスの効果を受け取ります

マスには〔素早さ〕〔狡猾さ〕〔戦闘力〕〔食料〕のアイコンがあります
〔食料〕以外の〔素早さ〕〔狡猾さ〕〔戦闘力〕は能力ボードに対応していて、それらのパラメータを上昇させます
恋ヶ窪② 153

例えば3人プレイで〔食料〕〔戦闘力〕〔狡猾さ〕とマスが続いている場合3歩先の〔狡猾さ〕が欲しいと思ったら、一番大きな数字を出せればいいわけです
〔食料〕なら最小カード、真ん中の〔戦闘力〕を得たければちょうど2番目になるような数字のドワーフカードをプレイすればいいのです

ただし一斉オープンなので、そううまく狙い通りにいくとはかぎりません

手札に1や60という必勝カードがあれば楽ですが、たいていはランダムに5枚配られているのでどの数字がもっとも適しているかを選ぶのは悩ましいところです

最小狙いで〔3〕を出したのに他プレイヤーの〔2〕で思う通りにいかないこともあります。いや、よくありますw

狙い通りにいかなくてもなんらかの恩恵がある場合はあるのですが、場合によってはマイナス効果のマスもあります
なるべくならそういうマスには入りたくないのですが、それはみんなも同じ思いです

旅モードはドワーフカードを1枚プレイするだけなのでお手軽ですが悩ましい

そんなこんなで
モンスターらしき大きなマスに到達すると冒険チャレンジフェイズです
山札の冒険カードをめくって〔素早さ度〕が一番高いプレイヤーからチャレンジするかパスするか決めます
恋ヶ窪② 158
*最初の冒険。山札の冒険カードを全部こなさないと次の旅に出かけられない

冒険カードには条件が書かれています。ダイスを振ってその条件をクリアすれば宝石(勝利点)がもらえます
例えば「5斧 4食料」というお題だとすると、5個のダイスを振って斧5個分と4食料分の出目を出せばいいわけです

このとき、能力ボードの〔戦闘力〕をある程度上げておくとキューブから下に記されている分の斧をすでに所持していると考えます
恋ヶ窪② 164
*今戦闘力のパラメータがここまで上がってるので、斧を2個分持っている。真ん中の紫のパラメータは振りなおせるダイスの数。左の緑は盾の出目に対応。まったく緑の能力は育ってませんが

もし斧を2つ所持しているとすると、ダイス目で斧を3個だせばいいわけです
そして〔食料〕だけは特別で、ダイス目で足りない分は直接〔食料〕チットで支払うこともできます
恋ヶ窪② 162
*お題カード。この場合は盾を2個分と食料を6個分のダイス目を出せば勝利点4がもらえる
勝利点4や5はかなり難しいチャレンジで、そもそもダイスは5個しかないからダイスだけで食料の出目をまかなうことは不可能になってます
そして盾の目の確立は1/6なので、だすのが難しい出目でもある(斧は1/2、食料の出目確立は1/3)
ただし、最悪食料チットを6枚以上もっていれば、食料はチットで支払えるのでダイスでは盾の目を2個だせばいい。もし緑のパラメータを上げてあり、すでに盾を2個持ちならばダイスで盾の目を出す必要はなくなる


もしチャレンジで失敗(必要な出目が出なかった)したら、ペナルティタイルをめくって処理します
だいたいはドラゴンが動いて、〔食料〕が減らされます

そして失敗した場合は次のプレイヤー(時計回り)がその冒険にチャレンジするかどうか決めます
チャレンジが成功すれば、次のプレイヤーはまた新しい冒険カードに挑みます

これを山札がなくなるまで実行したら再び旅モードになります

勝利点の宝石はこの冒険チャレンジでしか入手できません
ですから能力ボードのパラメータを上げておいて冒険に備えるしかありません

旅の途中では指輪トークンが入手できます
これを持っていると、ダイス1個を好きな目にすることができます
これはかなり強力な効果です
恋ヶ窪② 170
*さすが指輪の力はゴイスー

他にも〔盾〕や〔斧〕を追加できる特殊カードなどが、旅の途中の数字比べで手に入ります
勝利点の高い冒険カードはこれらの能力やカード、指輪トークンの効果を使わないとクリアするのは難しいでしょう

ビルボ駒が最後のマスに到達したら、最後の冒険チャレンジを行ってゲームは終わります

ところで
ドラゴンはゴールからこちらに進んできて、ビルボはゴールに向かうので途中でドラゴンと出会うことになります

さてはドラゴンを倒さないとゴールへ向かえないのでしょうか
どんどんドラゴンに近づいていきます。ドラゴンは天を突くほどの巨体です
もしかしたらドワーフカードでドラゴンに食べられるプレイヤーを決めるのでしょうか
恋ヶ窪② 163
*ドラゴンちゃんが湖まで行くとゲーム終了

スルッ
あれ?特になにもありませんw

『ロードオブザリング指輪物語』のサウロンのように、すれ違ったら食われるということはないのです
ひょいっとすり抜けてください
ドラゴンはただのタイムリミット駒なのでした

最初の3人プレイでは、ドラゴンが湖まで到達したためにゲーム終了となりました
協力ゲームバリアントでは、ここでプレイヤー全員が負けになるのですが、ゲーム終了したら個人の得点を比べて勝者を決める、というやり方もあります

この場合、能力ボードの一番下にあるキューブの位置によってボーナス点を加算します
「頭脳絶好調」方式の、すべてのパラメータをまんべんなく上げておかないと得点低いよシステムですね

プレイ人数によって旅のイベントの発生加減が違うので2回めは4人でプレイしました
今回は割とみんな冒険チャレンジを成功させていったので、ドラゴンによるゲーム終了はなく、最後まで競り合いました

すると2人が36点づつの同点です
タイブレークは残りの食料数で決めます

一日6食のホビットにとって食料はとても大切なのです
ということで、僕が食料1個の差で勝ちました!
恋ヶ窪② 167
*宝石の数(色は無関係)と、パラメータの最低ライン横のボーナス点を合計して勝利点となる。この場合ボーナスは12点

旅フェイズのドワーフカードプレイによっては、続けてマイナス効果を受けてしまうとちょっとジリ貧になりがちでゲームの途中で格差がついてしまうことがあります
そうなると逆転の手段がないのがツライところです

しかし今年に映画が公開されますし、映画を見た後に遊べばさらに雰囲気が盛り上がることは間違いありません
ドラゴンがただの置物的な扱いなのも、実は原作どおりかも知れませんw

カードにはテキストがありますが、簡単な英語ですし、ほとんどがフレーバーなので対訳表があればプレイに支障はありません
映画公開の時期にどこかが日本語版を出してくれるか、日本語訳付きで発売して欲しいなーと思ってます

というわけで、お弁当食べますモグモグ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

流星キック1998

Author:流星キック1998
チャンスがあればいつでもボードゲームがしたい!誰か遊んでプリーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
人気記事ランキングトラック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。