ピック ア ぴっぐ

◇並べ!ぶた!
恋ヶ窪② 002

最近では「ぴっぐ10」の日本語版が発売されるなど、ゲーム界でのブタはスター級に引っ張りだこです
ドイツではブタは幸運の印なのが原因なのでしょうか

そういえば「ぴっぐ10」論争が勃発したのも記憶に新しいのですが、そんなブタゲームの最新作にして「ぴっぐ10」に勝るとも劣らないゲームがこの「ピック ア ぴっぐ」です

原題は「pick-a-pig」で、ちゃんと韻を踏んでます
抜かりありません

96枚の正方形のカードにはブタのイラストが描かれています
ぱっと見、同じようなイラストに見えますが実は少しづつ違ってます(同じイラストは3枚づつあります)

最初に各プレイヤーに1枚づつ手札を配り、自分の前に表向けて置きます
そして山札から30枚のカードをテーブルにオープンします

プレイヤーはなにをするかというと、オープンされたカードから一斉にカードを取ってきて最初の手札の上にどんどんカードを重ねていくのです
しかしカードを取ってくるときに1つだけルールがあります

それは一箇所だけ違うイラストのカードを取ってこなければならない、というルールです

手札が〔ポップコーンを持っているブタ〕であれば・ポップコーンを持っていない・ポップコーンを持っていてサングラスを掛けている・日焼けしている、など、元のイラストから1箇所だけ違うイラストを見つけてくるのです

2箇所以上違うイラストをピックしてきたらミスです

そして次は重ねた手札の山の一番上のカード(一番新しくドローしてきたカード)のイラストから1箇所だけ違うカードを取る、ということを繰り返してカードをどんどん取ってくるわけですね

だから〔ポップコーンを持っているブタ〕>〔ポップコーンを持っていないブタ〕>〔ポップコーンを持っているブタ〕というようにまた元に戻ってもかまいません
つねに新しく取ってきたカードから1箇所違うカードを取ってくればいいわけです
恋ヶ窪② 103
*日焼けブタ>日焼け落ちたブタ>ポップコーン食べる、と1箇所だけが違うイラストでつながるようにカードを取っていく

これをせーの、で一斉にやります
獲得したカードが多いほうが勝ちなので、どんどん取っていきます
リアルタイムなので忙しいです

こうしてもう誰も取れなくなったらラウンド終了です

ラウンドが終了したらお楽しみの答え合わせです
みんなが一斉にリアルタイムでカードを取ってくるので、ミスをしないとも限りません
だからラウンド終了後に、ちゃんとルール通りカードを取れているかどうかを一人一人確認するのです

重ねてあるカードの束をひっくり返します
その一番上のカードは最初の手札です

山札から1枚づつめくっていって、ミスがないかどうかをみんなで確認します
この確認作業が楽しいのです

「ブタ」「サングラス」「日焼け」「日焼け落ちた」「また日焼け」「また日焼け落ちた」「サングラス外した」・・・という感じで、そのブタの状態を1枚づつテンポよく確認していくと、1枚づつ変化していくブタのスライドショーを見ているかのようです

なぜかずーっとポップコーンを抱えていたブタが最後の1枚でポップコーンがないと「あ、ポップコーン、捨てた」となって、おもわず笑ってしまうのです

とくに同じイラストなのに、サイズがでかいカードがあります
これはサイズがでかいという違いがあるわけです

ずっとブタが続いてきて、急にサイズが大きくなるのが妙に可笑しいのです
恋ヶ窪② 105
*あ、大っきくなっちゃった!

もし2箇所以上違うイラストだった場合はミスとなります
そこまでのつながったカードは無効となり、また新しくルール通りにつながる枚数を確認していきます

こうして、一番ミスなくつながったカードの多いプレイヤーが勝ちます

実はこのゲームにはすでに拡張が出てます
それが「pick-a-dog」です
さすがにこちらまで韻を踏むほどテクニカルな仕様にはなってません

こちらのイラストはブタと口元だけが違う犬のデッキですが、混ぜて使うことができます
だから拡張込みで遊ぶと
「ブタ」「サングラス」「サングラス犬」「日焼けした犬」「日焼けしたブタ」というようにブタが急に犬に変化したりするわけです
恋ヶ窪② 021
*口元が犬とブタの分かれ目。イラストワークの手抜きではありません。そういうゲームデザインです

1~5人プレイですが、犬拡張を入れると8人くらいまで遊べるのもいい感じです
ピックアピッグ


実は今回、適当なルールで遊んだのでテーブルに残りのカードを全部、伏せてぶちまけ「ギャラクシートラッカー」のようにみんなが一斉にカードをめくりながらつながるカードを探していきましたが、正式ルールは上記の通りです(多分

恋ヶ窪② 003
*30枚ではなく全部のカードを使ってしまったけど、細かいことは気にしない


いい大人が必死に遊んで、十分楽しいゲームでした
なんにせよ、急に膨張するブタに爆笑せよ

というわけで
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

流星キック1998

Author:流星キック1998
チャンスがあればいつでもボードゲームがしたい!誰か遊んでプリーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
人気記事ランキングトラック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR