ツインズ

◇ほぼTwins
Twins.jpg

「エレメンツ」が「傭兵隊長」に似てるなーという話をしましたが、限られた手札で何回か勝負していく、というのはこの「ツインズ」も同じです

ただし違うのは、こちらのほうがだんぜんお手軽だということです

各プレイヤーは最初に12金づつ持ちます
カードは8枚づつ手札として配られます

カードの構成は6色×1~10=60枚です
そのうちの半分の数字は黒色で、もう半分は白抜きになってます

色は6色で、数字は2種類あるんですね

1回の勝負(ラウンド)では手札から2枚のカードの組み合わせを一斉に出して勝負していきます
2枚づつ使うので4ラウンド行われるわけです

勝敗の決め方はその2枚の役です

「エレメンツ」では最高4枚役がありましたが、こちらでは2枚しか使いません

最強
・ツインズ:同じ数字で、同じ色(黒か白)のペア
・ペア:同じ数字のペア
・カラーズ:同じ色のペア
・シングル:ブタ
最弱


もし同点(タイ)になった場合は、2枚の数字の合計が勝ちます
同じカラーズやシングル役でも、なるべく大きい数字の2枚の組み合わせが有利というわけです

まあ、2枚しか使わないポーカーみたいなものですが、ラウンドごとに目指す条件が違うところがこのゲームを面白くしています

3~6人プレイで、人数によって若干条件が違うのですが、今回は4人プレイだったので条件はこんな感じでした

第1ラウンド 下位2名が2ずつ支払う
第2ラウンド 最高位が3受け取る
第3ラウンド 最下位が1支払い、このゲームから脱落する
第4ラウンド 最高位が銀行のチップ全部を受け取る


最初のラウンドでは最下位2名が自分の持ち金からポットに2金づつ支払います
このゲームでは参加費(アンティ)を支払ったりしないので、最初のうちはポットは空です

だから1ラウンドめが終われば最低でも4金がポットに入ってきます
最低でも、というのは、もし最下位が2人以上いたら全員が対象者となるからです

このゲームでは色に強弱はないので、まったくの同点ということもよくあります
またそうなった方がポットに金が溜まるので大いに盛り上がるというわけです

2ラウンドめは一番強い役を出したプレイヤーがポットから3金を受け取ります
1ラウンドめで2金支払ったとしても、ここで取り戻せるわけです
差し引き1金の儲けですがw

そして、最高位の役がまったくの同点だった場合は今度はどちらも3金を受け取れません!
プレイヤーが損する場合は全員が損して、得する場合は誰も得しないルールなのです!

嫌らしいことしますねークニツィア博士は

そして3ラウンドめでは最下位が足切りです
いくら最終ラウンドに勝負札を温存していたとしても、ここで脱落してしまってはもともこもありません

実際、僕は最強の10のツインズを温存したために3ラウンドめで死亡しましたとさ

3ラウンドめを潜り抜けたら、あとは勝者がポットの全額をかっさらいます
もう、ウハウハです!

誰かが破産したらそのプレイヤーは抜け、最後の4ラウンドめまでプレイしたらゲーム終了して持ち金が多いプレイヤーが勝利します

お金は12金×プレイヤー人数しか登場しません
今回なら4人なので全部で48金しかないわけです

1度でも勝者になれば手持ち金は増えますが、そうでないプレイヤーはどんどんジリ貧になっていくので「誰かが破産」するのはけっこう絶妙タイミングだったりします

この手のゲームにありがちなグズグズ感がないんですね

手札をどう組み合わせて、どのラウンドに勝負を掛けるか悩ましいのはいうまでもありません
もちろん最終ラウンドに勝つのが一番ですが、その手前で足切りがあるのが嫌らしい

手札がどうしようもなさそうなら、ラウンドの最初に1回だけカードを購入することができます

1枚なら1金、2枚なら3金をポットに支払います

今回は1金払って1枚買ってみて、もう1枚欲しくなったら2金払って購入していましたが、多分、ルール的には最初に1枚買うか、2枚買うかを決めなければいけないような気がします

「ツインズ」はかつてメビウスから販売されていたようですが、もう絶版なのでしょうか
いくら探してもネットで買えるところはありませんでした

しようがないのでトランプかスティッヒルンカードで代用しようと思ったのですが、数字の色違いを再現することができそうになかったので、結局自作しました
恋ヶ窪② 358
*数字と色だけでそっけないカード。しかしオモシロさは保障つき!

「エレメンツ」「ウントチュース」「スタンプス」「さるやま」「ファブフィブ」と、埋もれた好ゲームの再販ブームは大歓迎です

つぎはこの「ツインズ」あたり、どうですか?
とくにクニツィアと太いパイプを持ってそうなあのサークルさんあたり、どうですか?

というわけで
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

流星キック1998

Author:流星キック1998
チャンスがあればいつでもボードゲームがしたい!誰か遊んでプリーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
人気記事ランキングトラック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR