タイラント

◇ほぼ、あのゲーム
恋ヶ窪② 061

最近では国産(大手)メーカーが出すカードゲームといえばマッジック・ザ・ギャザリングを元ネタとしたデュエルタイプばかりですが、かつては「ラメカ」や「玉の輿」、漫画家のイラストをあしらった怪しいカードゲームがかなり大量に出回っていたと記憶します
rameka.jpg

僕は残念ながら地雷コレクターではないので、そこらへんのものはほとんどスルーしていたのですが、押入れから買った記憶のないカードゲームが出てきました

いや、買ったから持っているのでしょう。多分買ったんです
それを買ったのは、いかにも際物風のイラストを一切使っていない、そのそっけなさに惹かれたのでしょう

いや惹かれたは言い過ぎですね
なんとなくです、多分、なんとなく

というわけで「タイラント」です
恋ヶ窪② 075 恋ヶ窪② 076
*シュリンクを破る!真っ赤なボディの憎いやつ


みなさんはナポレオンという日本式トリックテイキングをご存知でしょうか?
これは、そのナポレオンをお手軽にしたものです

ルール説明が90%終わりましたw





もうちょっと説明しましょう
カード構成はABCDの4スートあります

数字はAが1~15、BCDが1~14なので全部で57枚です
Aだけ1枚多いんですね

カードの強さはABCDの順番です
Dの14はCの1に負けます

だから最強はA15です
最強の証として、このカードだけ黒いです

目的はトリックテイキングをプレイして、ポイントとなるカードをいくつ集められるかビッドして宣言通りなら勝ち、というものです

ポイントとなるカードは10~14、15です
トランプでいえば10以上の絵札といった位置づけでしょうか

というかナポレオンでいえば絵札+ジョーカーですね、まんま
*ナポレオンではポイントとなる10JQKAを「絵札」と呼びます。ナポレオン用語です、多分

ただしこのカードはかなりグラフィカルな面持ちなので、キワモノ風なイラストなどはありません
背景が色づけされているので、ポイントとなるカードはすぐにわかります

恋ヶ窪② 078 恋ヶ窪② 079
*ポイントとなるカードは背景がカラーになってるのでわかりやすい。最強はブラックカラー

まず
手札を配られたら、ポイントカードを何枚取るかビッドします
ポイントカードは全部で21枚あるので、11枚が過半数です

そして一番高いビッドをしたプレイヤーがタイラントとなり、ビッドの成功を目指します
他のプレイヤーは敵チームとなるわけです
タイラントになったら任意の1枚のカードをコールします。例えば「Aの14」などです

そして手札にA14を持っているプレイヤーは、タイラントの味方(エイドと呼ぶ)となります
しかしここで「あ、自分が持ってます」とバラしてはいけません
Aの14がプレイされるまで、誰がタイラントの仲間なのか解からないというルールなのです

なんと正体隠匿系トリックテイキングだったのですね!



・・・って、ここまで丸々ナポレオンですが
恋ヶ窪② 056
*「Aの15を持っているやつ仲~間」お前だったのか!


5人で遊んでみました

マストフォローのトリックテイキングです
フォローできない場合は、どのカードをプレイしてもOKです

もしより上位のスートをプレイしたら、フォローできなくてもトリックに勝ちます
ナポレオンの切り札ルールを、スートの強弱に置き換えたような印象です
トリックテイキングに慣れてない人は切り札の概念が理解しづらい、という人もいるという話ですから、そういう人にはスートにABCDという強さがある、という方が解かりやすいのかも知れません

ルールブックには「13~15枚宣言くらいが面白いでしょう」と書かれてますが、ビッドはだいたい11~12枚宣言くらいでタイラントになります
恋ヶ窪② 051
*マストフォロー。この中に敵がいる・・・はず

誰が味方で、誰が敵チームなのか
疑心暗鬼の中、仲間カードがプレイされて正体が判明する瞬間のドラマチックさは、なかなか独特な味です

っていうか
元がナポレオンなので、ナポレオンを面白いと思うのと同じくらいには面白いのです

日本式ナポレオンは、よろめきやら、ジョーカー請求などのローカルルールの多さが有名です
要素が多いので、最初の敷居が高くなってますが、「タイラント」はもう細かい要素はバッサリいってますから、ナポレオン風のトリックテイキングを遊びたいときにはもってこいかも知れません

普通、こういうトリックテイキングは数ラウンド行って勝利点を比べるとか、誰かがなん点になったら勝ちとか、ゲームのサイズ(ボリューム)が決まっているものですが、このルールブックには「ビッドが成功したらタイラントチームの勝ち、失敗したら敵チームの勝ち」としか書いてありません

しょうがないので
タイラント勝ち2ポイント:エイド1ポイント
タイラント失敗:敵チーム各2ポイント
として、5ポイント取ったら勝ちという、けっきょくここもナポレオン風で遊んでみました

さすがにスコアリングもナポレオン風にしたら一発でナポレオンをパクった、といわれることがマズかったのでしょうか。そのあたりの事情はよくわかりません

恋ヶ窪② 061
*Aの14を持っていると、だいたい仲間(エイド)に指名されるけれど、今回は1回もタイラントチームにはならなかった



実は、ナポレオン風は他に「ブリスコラブジャルダ」というトランプを使ったトリックテイキングがあるのですが、こちらはメイフォローなのでナポレオンとはまた違った風味のようなので、近いうちに遊んでみたいと思います

「ドッペルコップ」は4人プレイでパートナー戦のトリックテイキングですが、こちらはあるカードがプレイされるまで誰がパートナーなのか判らない、という疑心暗鬼モノです
これもなかなかのオモシロゲームなので、また久しぶりに遊んでみたいなー

というわけで
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

正体隠蔽トリテは

 僕はトリテはトリテだろうと思いがちですが、正体隠蔽トリテは別格です。誰だよ、副官はと思いながら遊ぶのは面白いです。

 メイフォローになると縛りが緩いですので、プレイ感はフワフワした感じになりますね。この間、遊んだトランペットのようにとにかく切り札が強いという具合ですかね。

Re: 正体隠蔽トリテは

>  メイフォローになると縛りが緩いですので、プレイ感はフワフワした感じになりますね。

おお遊びましたか、ブリスコラブジャルダ

副官なら途中までいかにバレないように仲間をサポートするか、同盟軍ならいかに早くスパイ(副官)をあぶり出すか、のドキドキが面白いですね

「ドッペルコップ」は最初からあるカードとあるカードは仲間、というように決まっているのでいかに早く自分のパートナーを探すのが面白いです
場合によっては一人の手札に2枚ともそのカードがある場合があるので、後半やっと1対3だったとわかることもあって面白いんですよね

No title

ドッペルコップが三度の飯より好きな者です。
ドッペルコップをやる機会があれば、是非やってみたいです。

Re: No title

ドッペルコップ
もうずいぶんやってないので、あらかたルール忘れてしまいましたがwなかよし村あたりではプレイされてるのではないでしょうか

No title

どうなんでしょう?
K場さんに会う度、「ドッペルコップやりましょう!」と言ってはいますがw

Re: No title

> どうなんでしょう?
> K場さんに会う度、「ドッペルコップやりましょう!」と言ってはいますがw

ああ、そうなんですか
僕はほとんどなかよし村には行かないのですが、そのあたりのトランプゲームはしょっちゅう遊ばれてるとおもってたのですが・・・

ドッペルコップは4人なので、トリックテイキング好きが4人集まればできそうな感じはしますけれども、どうでしょうか

No title

>トリックテイキング好きが4人集まればできそうな感じはしますけれども、どうでしょうか

そうですね。トリックテイキング好き4人というのがなかなか難しくてw、最初の書き込みに戻る、というw
そういう意味で、スカートの方がよりポピュラー感がありますかね(3人でよい)w
私はスカートは苦手で、あんまり好まないのですけれどもw

Re: No title

けっこう、トリックテイキングが苦手という人もいますから、なかなか同好の士を集めるのも難しいかもしれませんね

3人ならパーレットの「99」が面白いですよ
2人なら「エカルテ」「ダックスープ」など

逆に7人くらいで「ブーレイ」という手もあります
手札が5枚しかない、サクサク遊べるギャンブル系トリックテイキングです
カウンティングなどは(ほぼ)できないので、わいわい遊ぶには最適です

得点制

ナポレオン(日本式)の得点は場所によってまちまちだったり
そもそも得点すら書いてない事も多かったりしますので
元々得点無いのが正式なのかな?かな?

そういえばゴニンカンのヴァリアント「ヨニンカン」なんて招待隠密トリテがありましてですね
…詳細ド忘れしたのでまた今度

すみません

Re: 得点制

ゴニンカンはずっと気になってたトリテですが、なかなかプレイ機会がありません
「ヨニンカン」は正体隠匿系のバリアントでしたか

俄然興味がでてきました
チャンスがあれば遊んでみたいですねー
プロフィール

流星キック1998

Author:流星キック1998
チャンスがあればいつでもボードゲームがしたい!誰か遊んでプリーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
人気記事ランキングトラック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR