スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王と枢機卿

◇3人限定ボドゲ
恋ヶ窪② 135

「チャイナ」のリメイク元で、3人がベストと言われる名作ゲームです
以前5人で遊んだことがあったのですが、今回はベスト人数の3人でプレイ

手札はつねに3枚持ってます
カードは国や地域に対応していますが、フランス以外は同じ色でペアになっており、1枚のカードでどちらの国にも対応しています

自分の手番には
手札からプレイしたカードに対応する地域(国)の空いている都市に自分の修道院駒枢機卿駒を置きます

〔フランス〕のカードならフランスの都市のどこかにしか駒を置けませんが〔バイエルン/ブルゴーニュ〕カードをプレイした場合はどちらの国の都市に駒を置いてもかまいません

このゲームは陣取りです
決算時に多くの駒を置いた順に得点が入ります

手札は3枚ですが、手番中に2アクションできます
ただし、手番では1つの国にしかアクションできません
だからA国のカードを2枚消費して、A国に駒を2個置くことはできますが、AとB国のカードをプレイして2つの国に別々に駒を置くことはできないのです

同じカードのペアはどの国にでも使えるワイルドです
たとえばA、BBと使えば、A国に駒を2個置くことができます

もしくはこのタイミングでC国に置きたいけど、C国のカードがない場合は、AAなどのワイルドでC国に駒を置くこともできるわけです
恋ヶ窪② 132
*紫と赤のカードを使って、紫(フランス)と赤のエリアの両方に駒を置くことはできない。赤のカードは盤の対角線に分かれています。赤のカードは2つのエリアのどちらに置いてもいいが、赤を2枚使って、対角線に分かれている2つのエリアに駒を分配することもできない。2個続けて置く場合は必ず1エリアのみ
赤2枚をワイルドとして使えば、紫のフランスに2個置きできる



だいたいシャハトのゲームはとことんまで切り詰めた素っ気無さが特徴ですが、ペアをワイルドで使えることで、少ない手札でもある程度やりたいことができるようになってます

手番の終わりに、3枚になるようにカードを補充します

山札の横に2枚オープンされてます
オープンから、もしくは山札からドローします
補充枚数によっては、山札とオープンカードを組み合わせてドローしてもOKです
このゲームではやはりワイルドを持っているのは有利なので、ペアになるように拾いたいところです


山札が尽きたら決算です
恋ヶ窪② 133
*すでに2枚見えているというのは重要
手札を補充するときに、ペアになるように拾ってこれればベスト。2~3枚補充するときは、オープンから1枚取って山から補充したカードを見てから再びオープンから取ってもいいし山札からドローしてもよい


エリア(国)ごとに、一番多くの修道院駒を置いているプレイヤーにはその国に置かれた駒の合計数の得点を獲得します
そして2位は1位のプレイヤー、3位は2位のプレイヤーが置いた駒の数が得点となります

例えばある国に青◆◆◆、赤◆◆、緑、と置かれたときに決算する場合、トップの青プレイヤーには全部の駒数の6点が入ります

そして2位の赤プレイヤーには、トップの青駒3個、つまり3点を獲得
3位の緑プレイヤーは2位の赤の駒数、2点を獲得します

例えば青◆◆◆◆◆、緑だった場合、トップの青はやっぱり6点ですが、2位の緑は1個置いただけで5得点です

つまり2位狙いでオイシイ場面がけっこうある、ということですね
恋ヶ窪② 138
*いま決算が起こったら、赤の国(フランケン)は黄色がトップなので5点を得るが、青は1個しか置いてないけど黄色駒の数=4点を得る。ウマー

しかし
トップが頑張って駒を置く理由も、なくもありません

このゲームでは決算は2回あるのですが、ゲーム終了時に連結ボーナスがあるのです
盤面には国をまたいで道が繋がっているのですが、この道を繋がるように4個以上自分の駒を置ければその個数だけボーナス点になります

枢機卿による同盟ボーナスもゲーム終了時にしか得点になりません

枢機卿駒も同じように、対応する国カードをプレイすることで紋章サークルに置くことができます
そしてゲーム終了時に、同盟として繋がっている2国のそれぞれでトップを取っていれば(同数でもよい)両国の枢機卿駒の合計数がボーナス点として得点されます

たとえばA国:青、赤●●、緑 ⇔同盟国:赤、緑、だった場合
赤は両国でトップを取りました(同数でもOK)

よって赤プレイヤーは両国の枢機卿駒の合計数6点を得ます

もし青●●、赤、緑 ⇔赤、緑、だった場合は、A国では青がトップですが、B国では赤と緑がトップタイです

両国ともトップを取ったプレイヤーはいないので、この場合は誰にも同盟ボーナスは決算されません
枢機卿の同盟ボーナスは両国ともトップだったプレイヤーだけが得点できるのです

山札が切れた瞬間に決算です
そのタイミングを見計らいながら、どこでトップを取りにいくか、かな~り悩ましくなってます
恋ヶ窪② 139
*国境に四角の数字がある国が同盟となる
□9をはさんだ【ロレーヌ】と【フランケン】は同盟で、そのどちらも黄色の枢機卿がトップを取ったので6点を得る。同盟国ボーナスは2位には意味がない
しかし□10を挟んだ【フランケン】と【シュヴァーベン】は両国でトップを取っているプレイヤーがいないのでボーナス点はなし


枢機卿ボーナスはゲーム終了まで得点にならないのですが、だからといって放っておいていいわけでもありません
とはいえ
枢機卿駒はいつでも好きなだけ置けるわけではないのです

枢機卿駒が置ける上限は、そのときトップのプレイヤーの駒数と同じです
その国に1つの駒しか置かれてなければ、トップは1個なので、その時点で置ける枢機卿駒も1個です

そしてトップの駒数が増えていくことによって、置ける枢機卿駒の上限も増えていくのです

別に自分の修道院駒をその国に置いておかなければならない、ということはありません
自分の手番では国カードをプレイして、その国に修道院駒、もしくは枢機卿駒を置けるというルールです

ただしなにも置かれていないバージンな国に、いきなり枢機卿をブッ込むことはできません
枢機卿は少なくとも(誰のでもいい)1個の修道院駒が置かれたあとに、やっと置く事が許されるのです
ちょっともったいぶってます


山札が2回尽きたらそれぞれ決算して、最後に同盟と連結ボーナスを計算します

連結ボーナスはカタンのロンゲストロード賞とは違って、4つ以上繋げれば誰でも得点できます
どうせ修道院駒を置くなら、なるべく連結するように置きたいところですが、まあ、そうそう許してくれないでしょう

手番では同じ国なら2個置けると説明しましたが、未開拓のエリアには駒を1個しか置けません
バージンなエリアには最初はまず1個をそっと置くことしかできないのです

しかし一度駒が置かれたら、そのあとは乗っかり放題です
だから最初に手をつけるプレイヤーはちょっと損なのです
陣取りなので、手番ではなるべく2個置きしたいものですから

連結ボーナスに繋がるようなターミナル都市ならば、まあ積極的に新規のエリアに駒を置きにいってもいいかも知れません
恋ヶ窪② 137
*道は大陸を網羅してる
国を超えて4つ以上道を繋げれば連結ボーナス点が入る
赤プレイヤーにこれ以上、連結を許さないためにも青と黄色がなんとかしなければならない
お仕事かー

ゲームの終盤になると1個置いてもトップという状況があちこちで発生します
手札以外は完全公開情報なので、今、誰が何点くらい取れてるということは明快です(とはいえ、いちいち計算しませんが)

どうすれば自分が一番得するか、得しないならせめて誰が得するのを妨害できるか
考え始めればキリがなさそうなので、一見長考しそうな感じですが、3人だと(それでもまだ)大雑把なりに趨勢が判断できるのか、それほど長考することはありませんでした

恋ヶ窪② 139
*エリアはトップ以外でも得点できるが、同盟ボーナスは両国でトップにならなければならないから油断できない

ゲームにはわいわい騒げるゲームと、一手のミスが致命的になるようかガチなゲームがあり、それぞれにオモシロさ、楽しさがありますが、僕はこういうガチなゲームをゆるく遊ぶのが好きです

要するに、それほどガチにカウンティングはしない、というか面倒なのでしないということですね(できないという話もありますが)
まあ、遊ぶメンバーにもよりますけれども

いまは絶版らしいのですが、今度はリメイクの「チャイナ」も遊んでみたいです

ということで
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

三人といえば

ビブリオスを挙げる方もいますが、ボードゲームで三人といえばこれですね。

遊んだことはないですが、拡張もあるそうです。

シャハトのゲームはできることが限られていて、合わないように思っていたのですが、面白いですね。パトリツィアも好きです。



Re: 三人といえば

『パトリツィア』もいいですね
でも自分ではシャハトのボードゲームは微妙な評価の「ヒスパニョーラ」しか持ってなかったりするんですがw
プロフィール

流星キック1998

Author:流星キック1998
チャンスがあればいつでもボードゲームがしたい!誰か遊んでプリーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
人気記事ランキングトラック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。