カタンの開拓者たちカードゲーム

今年も残すところあとわずかとなった12月のボードゲーム界に激震が走りました!
「カタンの開拓者カードゲーム日本語版」が発売されたのです

その論点は主に、パッケージデザインを含むコンポーネントの質(センスといってもいいかも知れませんが)に対するものです

箱がペラペラだの、耳付きなのは100円ショップで売るためなのか だの、箱裏のイラストが乙女チックなのは誰得?せめて萌えイラストでプリーズだの、やいのやいのゆうとりましたが

いろんな評判(主にマイナス方向)を聞いた後だったので、予約をキャンセルしようかとも思ったのですが、こういうときに限ってamazonはキッチリ予定通り発送してくれてます
それでもまあ、価格が1000円というリーズナブルなものですので、万が一ダメダメでもダメージが少ないのが救いでしょうか

51Q3T4V8tGL__SL500_AA300_.jpg

もともとのボードゲーム「カタンの開拓者たち」は、よくできたゲームだとは思うのですが、僕はこれまで通算しても5回くらいしかプレイしたことがありません

つまりそれほどやり込んでいるわけではありません

このゲームもカタンと同様、資源をコストとして支払って【街道】や【騎士】カードを買ったり、【開拓地】を【都市】にアップグレードしたりします

そして【都市拡充】カードも資源を支払えば買うことができるのですが、これは単独で買うのではなく【都市】カードの上に重ねるように配置するんですね

つまり【開拓地】→【都市】→【都市拡充】というステップを踏むわけです
インスト中に勘違いしていたのですが幸いプレイ経験のある人がいたので教えてもらうことができました

このあたりはカタンをやりこんでいる人には問題なく飲み込めるステップなのでしょう

しかし僕がルールを読んだときは「(即ち、獲得します。右図参照→)」とあったので、よく確認せずに直接サプライの場所から資源を支払えば買ってこれると勘違いしてました

「即ち」を「たちまち」と読んで、即購入可能かと思ったんですね
正解は「即ち=すなわち」で、「羊毛3枚+鉱石1枚で建設します。すなわち、そのカードを獲得する」。建設=獲得ですよ、という意味だったんです

恥ずかしい・・・

このあたりは日本語ルールを責めるよりこちらの国語力に問題があったようです

ただしいていえば【開拓地】→【都市】のアップグレードは解りやすいです。【開拓地】カードの裏が【都市】になってますから

しかし【都市拡充】をその【都市】カードに上書きするなんて、かなり慎重に書いてくれないと気づきませんよ。大事なところはもっと太字でヨロシクお願いしますよGPさん!
111211_1838~01

まあ、このあたりは勘違いしたこちらが悪いと5歩くらい譲りましょう
しかしゲームが終わってコンポーネントを仕舞うときにやっぱり文句の一つもいいたくなりました

カードデッキはだいたい二分して内箱に納めて、箱に収納するのですが、内箱の高さが二分したデッキカードの高さとちょうどなのです
要するに、コップに水をいっぱいに満たして、表面張力で水が盛り上がってるような状態なわけです

これをキャラメルボックス型の外箱に仕舞うのはなんとかなりますが、次に取り出すときに必ずカード2~3枚が、箱の中に取り残される仕様となってます

よく海外ボードゲーム(カードゲーム)では、箱の中のスカスカ具合が話題になりますが、こちらはキツキツすぎて困るということで、いちゃもんをつけられる具合となりました

それでも結論は、まあ、1000円ならこんなもんか。です
111211_1834~01
いまにもこぼれそう

あ、ゲームの内容に関する評価をしてませんでしたね
ゲームはまあまあです ということで
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ひょえー。その写真の収納具合は想像するだに悪夢ですね…

Re: No title

一度仕舞ったら、もう出したくなくなる仕掛けですね
プロフィール

流星キック1998

Author:流星キック1998
チャンスがあればいつでもボードゲームがしたい!誰か遊んでプリーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
人気記事ランキングトラック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR