スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミューラ

◇来たれ!ミューラ協会!
恋ヶ窪② 198

ゲームを説明するのはちょっと気遣います

最初からゲーム慣れしていない人がいれば、その人向けに専門用語(ターム)をなるべく使わずに説明しようと心がけますが、いつもの慣れたメンバーの場合、つい言い慣れた用語で説明してしまい、認識がズレるということもなくもありません

だからこのゲームをうかつにトリックテイキングと説明すると、正確に伝わらないような気がします
しいていえばトリックウィニングゲームでしょうか

リードに対して1順で処理するので、少なくともトリックゲームであることは間違いありません

カード構成ですが、金、銀、◆黒、緑と4スート(色)あります
ただしランクは、金は5のみで3枚。銀は1~4各3枚づつで、黒と緑は1~4が各5枚づつあります

これで合計55枚あります

そしてスートには強弱があります
金>銀>黒>緑ですが、ゲームの最初に1枚カードをオープンしてそれが切り札となります

カードは3人で配りきりなので、一人手札18枚です
リードプレイヤーが出したカード構成に合わせて他のプレイヤーもカードをプレイするのですが、このゲームの場合フォローするのはスートでありません

カードの出し方は以下の6種類で下の方ほど強い役です
・シングル (1枚出し)
・ペア   (2枚出し)
・3カード (3枚出し)
・4カード (4枚出し)
・フルハウス(5枚出し)
・5カード

リードプレイヤーが出した枚数と同じ枚数をプレイしなければなりません

ところでこのゲームでは
ペアや3カードなど、同じ数字のカードのセットは同時に同じスートでなければなりません(このあたりがポーカーと違うところ)

だからスートが混在するのは5枚出しのフルハウス(3カード+ペア)だけです

まず
リードプレイヤーが何枚出しをするのかを宣言してカードを伏せて出します
「3枚」と言って、カード3枚を自分の前に伏せて出すわけです

他のプレイヤーもそれに合わせて必ずカードを3枚伏せてだします(まだオープンしません)
全員がカードを出し終わったらリードプレイヤーが自分の伏せたカードをオープンします
恋ヶ窪② 187
*リード(親)が2枚と言ったら2枚マストフォロー

そして時計回りに
自分のカード役がリードプレイヤーより勝っていたらオープンします
負けていたら伏せたままディスカードします
(勝てないと解かっていても、同じ枚数のカードを手札から強制的にディスカードさせられる感覚はちょっと天九牌にも似てます)

このとき
リードプレイヤーは複数枚で出すときは必ず役になるようなセットでなければなりませんが、それ以外のプレイヤーはまったくバラバラのカードをセットにしてかまいません

手札を温存したいときや、どうしたってそんな組み合わせは作れない場合はクズセットにするしかありません

トリック(勝負)に勝ったプレイヤーは自分の出したカードを引き取って得点の対象にして次のリードプレイヤーとなります
プレイされたカードをまとめて獲得するのではなくて、自分が出したカード(枚数)が得点になるのも天九牌と同じです
恋ヶ窪② 199
*5枚出しは得点獲得のチャンス!だけど、勝ちにいって取れないとショックでかいっす

手札がなくなったらラウンド終了で、得点計算をします
この得点方法がなかなかユニークです

まず獲得したカードが何枚か数えます
6枚獲得していれば0点です

カードは1枚10点ですが、この6枚を挟んで枚数ごとに10点プラスマイナスされていきます
5枚しかなければ-10点で、8枚獲得していれば+20点です

3人が獲得する枚数は、全体で必ず18枚になります
すると3人の得点がプラスマイナス0になるようになってるのです

しかし
1枚もカードを取れなかったプレイヤーは本来なら-60点ですが、罰則としてさらに60失点が加算され-120点になります


罰則が出た場合
プラス得点者が1人だけの場合は、60点がプラスされます
プラス得点が2人いた場合は、それぞれ得点が2倍になります

例えばA君1人が沈んで(0枚:-120点)、B君が5枚で-10点、Cちゃんが13枚で+70得点だった場合、Cちゃんはさらにボーナス60点加算で+130点です
これで3人の合計点がプラスマイナス0になります

A君が18枚取って一人勝ちした場合は、他の2人はそれぞれ-120失点です
プラス得点が1人しかいないので、ボーナス点は60点のみでA君の得点は240得点になります


6枚以上から得点になる、というところがプレイを積極的にさせます
1枚も取れない場合の失点がデカいのも恐怖です

僕は
ゲームはスコアリングで決まる、と思っているのですが「ミューラ」はこのスコアリングシステムのおかげで、軽いプレイ感ながらもかなりスリリングなゲームに仕上がっていると思います

麻雀も失点スタート(27000点持ちの3満点返し)ですが、麻雀の場合は一発の破壊力でいつでもどこかで得点を稼ぐチャンスがありますが、このゲームの場合はそれがありません

5枚出しが続けば、最短で4トリックでラウンドが終わってしまいます

弱いスートの黒と緑は同じランクが5枚づつあり、最強役の5カードを作れるのはこの2スートだけです
弱くても数がそろえば勝てるところは大貧民ライクです

ただしいくら強い役を持っていても、出せなくては宝の持ち腐れです
5カードやフルハウスを出すために、いかにしてリード権を取りに行くかのタイミングが重要なのです

とはいえ
カードの運要素はかなり強いので、手札によってはどうしようもないときはどうしようもないですが、1ラウンドは短いので今がダメなら未来に期待しましょう

1人3回ディーラーを勤めたらゲーム終了です(9ラウンド)
恋ヶ窪② 201
*フルハウスは3カードのセットだけを比べる。黒は緑より上位なので、オープンして勝利を得る


と、ここまでレポートしてきましたが、実は僕は先日ほとんどルール間違いしたまま遊んでました

*ルール間違い その1
スートには強弱があると説明しましたが、僕はそれは同じランクで同点だった場合のタイブレークのときに使うのかと思ってたのです

黒4のペアと銀4のペアのときは銀4ペアが勝つ、と
この例ではルール上正しいのですが、僕はランク勝負が優先されると思ってたので銀2に対して黒4で勝てると思ってたのです

ルールをよく確認すると、どうもスートの強弱は絶対順位のようです
つまり黒4は上位スートの銀や金のどのカードにも負けるのです

ただし毎ラウンド最強スートの金の上にスーパー最強カードが存在します
ルールブックではこれを「スーパーカード」と呼んでますがさらに「切り札」とも説明してあったので、また混乱しました
恋ヶ窪② 192
*1枚だけ見えてるのがスーパーカード表示カード。今回は緑の3が最強
しかし手札に緑の3はない。そして緑スートを左に寄せてるのは、緑全部が切り札スートだと勘違いしてたため
この手札、最強じゃん!と思っていたあの頃・・・

*ルール間違い その2
カードを配る前に1枚オープンして、そのラウンドではその表示カードと同じカードが最強のスーパーカードになります

僕はこれを「その表示カードのスートが切り札スートになる」と勘違いしたのです

だから表示カードが黒のカードだった場合は、スートの強弱は
黒>金>銀>緑
になると思ったのですね

たいていのトランプを使ったトリックテイキングではこういう場合スートごと順位が入れ替わるので、勘違いしました

しかし正しいルールでは表示札と同じカードが単独で最強位になります
例えば黒2がオープンされたら、そのラウンドでは

黒2>金>銀>黒の他のカード>緑

という順位になるのです


これらのルール間違いは僕が、4スートあるからトランプと同じようなものだろうと思い込んだことが原因でした

トランプのカードの強さの順位はお馴染みのところでいえばAKQJ10~2であり、これが4セットあるわけです
しかし
ミューラの場合は、厳密に55枚のカードに順位があるのです

自分なりに納得できるように説明しようとすればミューラのスートは数字の桁だと考えましょう

金:1000の桁
銀:100の桁
黒:10の桁
緑:1の桁


これなら、黒4と銀1では、14(黒4)と101(銀1)です。どちらが強いか一目瞭然です

スーパーカードは一時的にそのカードに万の桁を授けたと考えればいいのです
黒2がスーパーカードなら、黒2は10002です

桁だとなんだか強さの比較が大げさなので

金:40の位
銀:30の位
黒:20の位
緑:10の位


ということでもOKです(スーパーカードは50の位になる)
もちろん最初からすんなりルールを把握した人には、まったく関係のない考察ですね


ここまで考察してきて気づいたのですが、これらは金や銀、黒曜石、緑石(?)などの鉱石の価値と考えても成立します
つまり鉱石を使った競りゲーム、といえなくもありません

じゃあ、宝石かアクセサリーにしましょうか
金塊>シルバーリング>黒真珠>エメラルド

エメラルドは安いけど、数がそろえば取引レートは高くなる、とか、どのくらい売買が成立したかによってディーラー(プレイヤー)への手数料、儲けがが変わってくる、とか

おっ、それほど無理なくリメイクできそうな感じですね

残念ながらこのお手軽3人用カードゲームは絶版らしいのですが、テーマを宝石を使った競りゲームとしてどこかがリメイクすることを期待しましょう
恋ヶ窪② 270
*得点用紙もついてます

ところで
ルールブックの後ろには「クラブオーナーを募ります ミューラ協会」という募集テキストと、協会の住所が書かれてます
趣意書を送ってくれるそうですが、いまでも活動してるのでしょうかミューラ協会

趣意書を送ってもらうには「要〒60」とありますが、これは60円切手同封という意味でしょうか
まさか郵便番号が60の住所の人でなければ協会に入れない、ということでしょうか
恋ヶ窪② 268 恋ヶ窪② 269
*募集中ですよ。いや募集中でしょうか


うーむ、送ってみようかどうしようか・・・・
もし入会できれば、リメイク権を譲ってもらえる・・・ってことはないでしょうかw

ということで
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

流星キック1998

Author:流星キック1998
チャンスがあればいつでもボードゲームがしたい!誰か遊んでプリーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
人気記事ランキングトラック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。