ホワイトチャペル

◇野獣、死すべし
恋ヶ窪② 069

「スコットランドヤード」「ミスターX」は名のみぞ知る追っかけゲームですが、これまでプレイ機会に恵まれませんでした

今回は切り裂きジャックというテーマに惹かれて、日本語版を購入してみた次第
単にメジャーな犯罪モノをテーマに乗っけただけではないかという意見もあるでしょうが、こちらの琴線に触れて、ついでに金銭も吐き出させたことは間違いありません

恐るべし、切り裂きジャック


「スコットランドヤード」タイプなので、逃げる者と追うチームに分かれてプレイします
今回はジャックロンドン警視庁(スコットランドヤード)の警官5人です

このゲームは2部構成になってます
ジャックが殺人を起こすまでの前半と、事件発覚してからの追跡パートです
howai.jpg
*言語依存はほぼないけど、警官用にリファレンスシートが日本語化されているのは地味に助かる



◆第1部:地獄
まずジャックは、8つの女性トークンをロンドンの地図上に配置します
この8人の女性はジャックが物色したいわば獲物ですが、まだこの時点では誰を殺すかは決めてません

しかし早晩、いずれこの中の誰かが犠牲になることはわかってます

警官チームは巡回警官マーカー7つをロンドン中に配備します
しかし実際の警官はそのうちの5つです。残りの2マーカーはブラフなのです

この時点では警官がロンドン中を警備していることはジャックも知ってますがその正確な情報まではわからないということです

それは警官チームも同じです
切り裂きジャックは娼婦ばかりを狙ったので、被害者の見当(女性トークン)は付けられるのですが、8つのうち3枚はブラフ用です

8人の女性のうちどの5人を標的に捕らえたのかこの時点では警官チームにもわかりません
準備段階で、軽く情報戦が戦われるわけです

巡回マーカーが配備されたら女性マーカーがオープンされて、5人の標的コマが登場します
そしてジャックはこのとき、誰を殺すか決めるか、もしくはもう少し様子を見るためにパスすることもできます
恋ヶ窪② 075
*標的候補の女性コマが登場。5コマの中から誰を殺すか、ジャック次第

パスした場合は、警官チーム(主任プレイヤー)は5つの標的コマを1移動づつさせることができます
これによって誰かが殺された場合に備えて、なるべく警官のいる場所に移動させるかも知れません
逆にジャックは、パスすると伏せられてる巡回警官マーカーを1つ見ることができます

もしブラフの巡回警官マーカーが解かれば、その近くでジャックは殺人を犯しやすくなるわけです

殺人をすることに決めたら、その標的コマのいる場所に現場マーカーを置きます
この現場は、今現在、ジャックがいることも意味してます
恋ヶ窪② 076
*ついに殺しが!赤い血溜まりが犯行現場。いままさにジャックはここにいる!

殺人事件が発生したら、巡回警官マーカーはオープンされ、5色の警官コマが配置されます

緊急配備!緊急配備!

いよいよ警官チームによる、殺人鬼追跡が始まります
逃げるジャック、追う警察

気分はもう『ロンドン警視庁24時』なのです
恋ヶ窪② 002
*殺人事件の報を受け、警官5人が緊急配備される。ジャックを逃がすな!


◆第2部:追跡
ジャックの目的は、殺人現場から自分の隠れ家に戻ることです

ゲームの最初に、ジャックは自分の隠れ家の番地(ナンバー)を書き入れてあります
殺人が発生したら、まずはジャックの移動から始まります
恋ヶ窪② 083 恋ヶ窪② 080
*記録シートの中央に隠れ家の番地を書いておく。ついたてにはロンドンの番地マップがあるので、直接ボードを見ないですむような工夫になってる。目線でバレたらどうしようもない
しかしこのミニマップ、いかんせん数字が小さいので、けっきょくこっそり直接ボードを見ることになるのだ
やっぱりサンバイザー推奨

ジャックは番号のマスを移動します
だから記録用紙には、移動先の番号を書けばいいのです
基本的には1移動ですが〔馬車〕〔路地〕マーカーの使用で特殊移動をすることもできます

ジャックが移動を記録したら、ジャック駒を1つ進めます
この時点で、警官チームは殺人現場からジャックがどこかに1移動した、ということしかわかりません

警官チームの目的は、もちろん4ラウンド終了までにジャックを逮捕することです
そのためには5つの警官コマを効率よく動かす必要があります

警官はジャックとは違って、番号マスの間の■マスを移動します
1つの警官は最大で2つ先まで移動できます
手探り状態の序盤では、まず警官隊は包囲網をしぼってくるでしょう

警官は1人につき、移動したあと
・探索か
・逮捕

の、どちらかのアクションが実行できます

【探索】をするには、自分の警官コマの場所から隣接する番号マスの番号任意の順番にコールしていきます
それに対してジャックは、自分の記録用紙に書かれている番号と合致したらそれを認め、手がかりマーカーをその場所に置きます

この手がかりマーカーは、ジャックの移動の痕跡です
この痕跡の情報を元にして、警官チームは姿の見えないジャックを追い詰めていくわけです

手がかりマーカーが置かれたら、探索もそこで強制的に終了します
まだコールできる番号マスが残っていても、それ以上の情報は得られません
恋ヶ窪② 003
*自分の警官コマから直結で隣接している数字マスのナンバーをコールしていく
もしジャックがすでに通過している数字なら、そこに手がかりマーカーが置かれる。一つ一つ手がかりを見つけていくしかない


【逮捕】は隣接する番号マスのナンバーを1つだけ宣言できます
外れていたらそれ以上のことはありませんが、もしそこにジャックがいたらジャックは逮捕されてゲームは終了します

ジャックの徒歩での移動には限界があります
なにせ相手は5人がかりで追い詰めてくるわけなので、囲まれてしまったら終わりです

そこで特殊移動です
【馬車】は、2移動できます
通常の移動でジャックは警官コマがいる道を通過することは移動できないのですが、馬車移動ではそれができます

馬車の窓から警官が右往左往する様を眺めながら逃亡するのは、なかなかに格別です

【路地】は、点線で囲まれた区画上の番号マスにワープできます
ランタンの明かりを頼りに薄暗いロンドンの路地裏を抜けていくわけです

これらの特殊移動は強烈な効果があるので使える制限があります
第1ラウンドでは【馬車】は3回、【路地】は2回しか使えません

そしてラウンドが進むにつれ、これらの特殊能力の回数も減っていきます
効果が強力なので、これをブラフで使えばよりいっそう効果的です

区画内ならどこにでもワープできる【路地】を使って、実はすぐ隣にしか移動しないことで捜査チームの裏をかくことができます(多分

追い詰められて、まさか効果の無駄遣いをするはずがないという心理の裏をかくわけです
しかし悲しいかな、プレイしているジャックも人間です
もし、ブラフが失敗したら・・・と考えて、結局その効果を選択肢が少ない状況で使ってしまうことになり、だいたい捜査チームの読み通りの方向に逃げることになるのです

こんなことでは殺人鬼はやってられません
恋ヶ窪② 073
*馬車で逃げろ。特殊移動の使い方がミソ

ジャックが捕まらずに隠れ家に到達できたらラウンドは終了して、次のラウンドが始まります
こうして4ラウンドで5人めの被害者が出て、しかもジャックが隠れ家に逃げ込めたらジャックの勝ち
それまでに逮捕できたら捜査チームの勝利です

というわけで
最初は捜査チームの一員として参加しました
逃走の痕跡が見つからないうちは、いったいどこにジャックがいるのか皆目見当も付きませんが、地道な【探索】によってジャックの手がかりが集まってくると、殺人鬼の居場所がおぼろげながら見えてきます

この1つ1つの積み重ねが、犯人逮捕に繋がる行程はまさに追う側の快感です
恋ヶ窪② 007
*ここにジャックはいるはずだ!撃て、撃て!
いや、撃っちゃダメだ!逮捕しろーーーーーー!


一方、ジャックは大変です
2ゲームめはジャックを担当したのですが、追い詰められてから【馬車】などの特殊能力を使うので、だいたいこちらの動きが捜査側に読まれてしまいます

本当なら、まだ余裕があるときに追い詰められたフリをして特殊能力などを使ってブラフをかければ効果的だったのでしょうが、なかなかそんな余裕はありません

結果的に、2回とも1ラウンドめでジャック逮捕という結果でゲームが終わるというw

いやいやいやいや
これ、ジャック、4ラウンドもたないでしょー

まあ、こちらがあまりにもヘボということを差し引いても、例えばジャックの隠れ家はゲーム中、変更できないわけです
だから運よく1ラウンド逃げ切れたとしても、隠れ家の見当を付けられたらジャックには大いに不利なのです

しかもジャックはラウンド中、規定のターンの間に隠れ家にたどり着けないと負けなので、あまり大掛かりに遠回りしながら逃げるわけにもいきません

といって、隠れ家が予測されたら捜査チームの待ち伏せにあうでしょう
最初のうちは逃げるだけでも大変なジャックは、その上になるべく隠れ家もバレないような動きをしないと無理です

いやー逃亡者生活は非常にたいへんです
逃走手段として本気で【飛行機】が欲しかったくらいですw
恋ヶ窪② 070
*2回とも1ラウンドで御用となったジャック。本当に4ラウンドも逃げられるのだろうか
3ラウンドめは2人殺さなければならない


殺人や娼婦といったモチーフなので、家族でわいわい遊ぶにはどうかと思われますが(ルールでは気を使って娼婦という言葉を使ってません)ちょっとダークな雰囲気にピンときたひとにはお勧めできます

重要なルールミス発覚!
じつはFAQを紹介しようと思って訳していたのですが、どうやら重要なルールミスがあったようです

警官の【探索】アクションで、自分の警官コマから隣接している全ての番地マス(◎)に任意にコールしてジャックの痕跡を見つける、というところまでは合ってますが隣接の解釈を間違えてました

正確には警官コマの場所から直接繋がっている番地マスしか【探索】できません
先日は、警官コマの場所(■)から点線で辿っていける番地マス(◎)という認識で、その間に他の交点(■)があっても無視していたのですが、正確には、間に■があったらその先の番地マスは【探索】できません

*【探索】【逮捕】できる直接隣接:
できる>■・・・◎・・・
出来ない>■・・・■・・・◎・・・

恋ヶ窪② 077
*警官コマの場所から直接点線で繋がっている番地マスしか探索できない
この場合だと(140)(154)だけが探索できる
先日は、点線を辿って最初の番地マスという認識だったので(153)(152)(168)(180)まで探索の対象になってた
これじゃジャックは逃げられないはずだ!


実はgeekにあったFAQを訳していたんですが、ホビージャパンが公開してました
一応、遊ぶ前に目を通しておくおことをオススメします


こうした1対多数のボードゲームは他には指輪物語テーマの「ミドルアースクエスト」や、クトゥルフものの「マンション・オブ・マッドネス」などがあります

しかし1対多数の追っかけテーマの直接的な影響下にあるのはドラキュラものの「Fury of Dracula」でしょう
こちらは5人のバンパイヤハンタードラキュラ伯爵ヨーロッパ全土に渡る壮大な追っかけです
dor.jpg
*イベントカードはほぼテキストのみなので完全日本語化必須っす!

しかもこちらはドラキュラによって仕込まれた手下たちとのバトルや、もちろん追い詰めたドラキュラとハンターたちとの生きるか死ぬかのバトルが特徴的です

戦闘ルールありのスコットランドヤードという感じでしょうか

他にも細かいルールがあって時間がかかるのがネックなのですが、イベントカードの応酬などなかなか派手なゲーム展開で飽きさせません

こちらもまた近いうちに遊びたいものですねー

ということで
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ホワイトチャペル

犯人側は捜査官のミスリードを誘わないと難しいですね。
どうしてもすぐ隠れ家に逃げ込みたくなりますが、序盤のうちに撹乱する動きをした方が良さそうです。

鬼ごっこは子供も大人も好きということでしょうか、ワクワクしてくるゲームでとても好きですね。ボードゲームをあまりしない人にも勧められそうです。


コンポーネントの雰囲気もいいです。もう少しマップが簡素で、プレイ時間が短縮されて遊びやすくなるとなお良しなんですけどね。

Re: ホワイトチャペル

> コンポーネントの雰囲気もいいです。もう少しマップが簡素で、プレイ時間が短縮されて遊びやすくなるとなお良しなんですけどね。
◇けっこう時間かかりますね

こないだは1ラウンドだけで60分くらいかかりました
そのペースで4ラウンドプレイしたら2~3時間くらいかかりそうです
プレイ人数が増えるとやはりそれだけ時間かかりそうなので、geekではベストは2人、ということになってるのでしょうか

以外とジャック側も、バレないように逃げたいので長考しがちなところもあるんですよね
どちらにしろ決定的なルールミスしてたので、近いうちに再プレイしたいところです
プロフィール

流星キック1998

Author:流星キック1998
チャンスがあればいつでもボードゲームがしたい!誰か遊んでプリーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
人気記事ランキングトラック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR