スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンジー

◇きっといつか飛べるはず
恋ヶ窪② 024

春頃にすごろく屋で在庫セールがあったときに、この「バンジー」がリストにあるのを発見したので、さっそく買いに行こうと思ったのですが1足先に謎のマスクマンにかっさらわれた、といういわくのゲームです

カード構成は1~10までの数字カードと、特殊なバンジーカードがあります
ゲームの目的は手札の点数を合計5以下にして、バンジー宣言することです

最初に手札を5枚づつ配られます
手札は基本的にマイナス点なので、なるべく手札の合計点数を減らすようにプレイしていくわけです

しかし
「UNO」や大貧民のように、手札をまっ先に無くす、というわけにはいきません
なぜなら、このゲームは手札がなくならないようになってるからです

手番で出来るアクションは以下のどちらかです
・手札からプレイ(1枚でも複数でも)して、山札から1枚ドロー
・捨て山のトップカードをドローして、手札からプレイ(1枚でも複数でも)


捨て山から拾ってきたカードは、そのタイミングでプレイには使えないのでどちらにしろ手札を完全に使い切るということはないのです

これがこのゲームのもどかしさの仕掛けです
恋ヶ窪② 021
*手番では手札からプレイして山札から1枚ドローするか、先に捨て山のトップカードを拾って手札をプレイするかの2択
この場合、8のカードを拾ったらすぐにその8のカードをプレイで使うことはできない。だから手札は決してなくならない(山札の下にあるのはラッキーカード。今回は7だった)


例えば残りの手札が〔3〕〔3〕の2枚だったとします
手番で3のペアを捨てれば手札をなくすことができますが、山札から1枚ドローしてこなければなりません

そしてそのドローが〔10〕だったりすると、5以下にはならないのでバンジー宣言できないのです

バンジーしたいのにバンジーできない
飛び込み台のてっぺんまで上ったはいいが、飛び込む1歩が踏み出せない

このイケそうでイケない感じはまさに、あのバンジーを飛ぶ瞬間を見事にシミュレートしているのです!多分!

同じような状況で、3のペアを持っているときに、もし上家が5以下のカードを捨ててくれればそのカードを拾って3のペアを捨てれば、手札は5以下になります

しかし
バンジー宣言は手番の最初にしかできません
手番で手札合計を5以下にしたとしても1周待たないといけないのです

さらに
誰かがバンジー宣言したら即終了ではなく、そこからプレイは1周して終わります
そしてそのラスト1周で他のプレイヤーもバンジー宣言してもいいのです

最初のバンジー宣言者からラスト1周したら勝敗を処理します
バンジー宣言が1人しかいなければ、そのプレイヤーは-10点を記録して、その他のプレイヤーは自分の手札の合計値が点数になります

このゲームはもちろん、得点は低い方がいいのです

もし、2人以上のバンジー宣言者がいた場合は、より合計値の低い方が勝ちます
同じ合計値だった場合は後出し勝ちです

実は慣れてくれば、合計5以下になってもわざとバンジー宣言せずに(宣言は任意)、誰かがバンジーしてから後だしでカウンターを食らわせるということもできます
恋ヶ窪② 022
*バンジー宣言したら手札を伏せて出す
1周して誰も後出しバンジーされなければ勝てる
いいかえればバンジー宣言されてから1手番は保障されてるので、その1手番でどれだけ手札の点数を減らせるかどうか
・・・という場面でスキップされた日にゃ、泣くに泣けない!


このゲームでは、最初に手札を配ったら山札のトップカードをオープンします
このカードはラッキーカードで、そのラウンド中は数字が0扱いになります

ラッキーカードが〔10〕ならば、〔10〕のカードを手札にいくら握っていてもいいわけです
このルールがあるために、手札が少ないプレイヤーを警戒していると、けっこう手札をごっそり持っているプレイヤーにいきなりバンジー宣言されてしまう、ということもあります

そして特殊カードのバンジーカードですが、これ自体は数字を持たないのでやはりバンジー宣言するときには便利です
ただし、勝利者以外のプレイヤーの手札のバンジーカードは1枚10点扱いになります

いきおい込んでバンジーしたのはいいけど、カウンターバンジーを食らって負けると手札のバンジーカードが大量点をもたらすという仕掛けなのです
恋ヶ窪② 020
*手札の合計が5以下になった!ここで勝てれば-10点だが、もし後だしバンジーに負けると15点相当を背負わされることになる

〔6〕も特殊な効果があります
このカードがプレイされると、次のプレイヤーがスキップされます

2枚〔6〕を出すと、2人スキップされるわけです
手札を減らしたいゲームで手番を飛ばされるのは非常にキビシイッ
恋ヶ窪② 025
*手札はまるで良くないwけれど、ここぞというときにスキップカードでかき回したるど

UNOやノイなどと違ってイベント的なカードはこの〔6〕のスキップだけですが、とても面白い効果になってます
しかもバンジー宣言したラスト1周の最後プレイヤーが〔6〕をプレイすると、バンジー宣言者をスキップして、もう1周プレイが続くというハウスルールは是非、採用すべきでしょう

6ラウンドをプレイしたら総合得点の一番低いプレイヤーが勝ちです

以前「シュビメン(31)」というトランプゲームを紹介しましたが、手札の合計値を調整してラウンド終了宣言してからラスト1周するところはよく似ています

しかし、まあ直接的な影響があるのはヤニブでしょう
というか、トランプのクレイジーエイトを商品化したのがUNOだとしたら、ヤニブを商品化したのが「バンジー」というくらいの位置づけです
恋ヶ窪② 090
*ヤニブのアプリにはさんざん遊んでもらった

ヤニブでは同スートのシークエンス(ストレートフラッシュ)でも捨てられます
そしてその下家は、続けて捨てられたカードの最初か最後のどちらかのカードを拾うことができる、というのが特徴的です

例えば自分の左プレイヤー(下家)が5のカードを集めていそうだと思ったら3、4、5というストレートフラッシュで捨てると、5のカードを拾われてペア(以上)を作られてしまうかもしれません

そこで4、5、6というように捨てれば、5のカードをガードすることができるのです
ヤニブではワイルドカードのジョーカーも2枚使うので、ジョーカーを迂闊に拾われないように注意する必要があります
「バンジー」でも、下家が集めてそうなカードをうかつに捨てるのは禁物ですが、ヤニブではさらに慎重さが求められる場面があるのです

「バンジー」はスートがなく、複数で捨てられるのも同じ数字カードのみと、かなりシンプルになってます
その分、サクサクと遊びやすくなっており、スキップカードの効果やラッキーカードの存在が単純すぎないヒネリを加えているのです

惜しむらくはこれが絶版ということで、入手が難しいことです
できたらどこかがリメイクなり再販なりしてもらえるとありがたいのですが

もしくは謎のマスクマンがリサイクルショップに流してくれると助かるのですがw

ということで、バンジー!
bannji.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター

ヤニブならやったことがあるのですが、そんな滅多にカウンター決まることないだろとやっていたのですが、アナログゲームの巨匠に二度も決められ圧倒的なリードで首位にいたのを陥落させられた記憶があります。

Re: カウンター

ヤニブは、失点(得点)が50の倍数になると半額になるというスコアリングシステムなので、ヤニブを狙わずにわざとちょうど50、100失点になるように手札を調整するテクニックが効果ありますね

カウンター狙うのもリスクがありますから、やっぱりタイミング次第なところもあります
「バンジー」はラッキーカードの存在もありますから、カウンターは狙いやすいと思いますよ

バンジー

6でスキップ、バンジーカードやラッキーカードの存在によってヤニブより一際盛り上がりそうな要素が満載ですね。
 謎のマスクマンが手放すことに期待しましょう。
 といっても、面白いから手放さないでしょうから、トランプで代用して遊んでみますか。

Re: バンジー

6のカードは赤いスートだけで揃えたいとするとトランプは2組くらい必要ですがそこにジョーカー足せばたしかにトランプで遊べますね

実はけっこう画策してたりするんですがw
プロフィール

流星キック1998

Author:流星キック1998
チャンスがあればいつでもボードゲームがしたい!誰か遊んでプリーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
人気記事ランキングトラック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。